ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. The Jesus And Mary Chain - Glasgow Eyes | ジーザス・アンド・メリー・チェイン
  2. Free Soul ──コンピ・シリーズ30周年を記念し30種類のTシャツが発売
  3. interview with Keiji Haino 灰野敬二 インタヴュー抜粋シリーズ 第2回
  4. Beyoncé - Cowboy Carter | ビヨンセ
  5. CAN ——お次はバンドの後期、1977年のライヴをパッケージ!
  6. Columns ♯5:いまブルース・スプリングスティーンを聴く
  7. interview with Keiji Haino 灰野敬二 インタヴュー抜粋シリーズ 第1回  | 「エレクトリック・ピュアランドと水谷孝」そして「ダムハウス」について
  8. interview with Toru Hashimoto 選曲家人生30年、山あり谷ありの来し方を振り返る  | ──橋本徹、インタヴュー
  9. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  10. 壊れかけのテープレコーダーズ - 楽園から遠く離れて | HALF-BROKEN TAPERECORDS
  11. Jlin - Akoma | ジェイリン
  12. 『成功したオタク』 -
  13. まだ名前のない、日本のポスト・クラウド・ラップの現在地 -
  14. interview with Mount Kimbie ロック・バンドになったマウント・キンビーが踏み出す新たな一歩
  15. exclusive JEFF MILLS ✖︎ JUN TOGAWA 「スパイラルというものに僕は関心があるんです。地球が回っているように、太陽系も回っているし、銀河系も回っているし……」  | 対談:ジェフ・ミルズ × 戸川純「THE TRIP -Enter The Black Hole- 」
  16. Chip Wickham ──UKジャズ・シーンを支えるひとり、チップ・ウィッカムの日本独自企画盤が登場
  17. Bingo Fury - Bats Feet For A Widow | ビンゴ・フューリー
  18. みんなのきもち ――アンビエントに特化したデイタイム・レイヴ〈Sommer Edition Vol.3〉が年始に開催
  19. interview with Chip Wickham いかにも英国的なモダン・ジャズの労作 | サックス/フルート奏者チップ・ウィッカム、インタヴュー
  20. Beyoncé - Renaissance
/home/users/2/ele-king/web/ele-king.net/

Home >  News > 〈Pヴァイン〉が手掛けるVINYL GOES AROUND、ニュー・アイテムは〈Tribe Records〉のコーチジャケット&パーカー、7インチとのセットも

〈Pヴァイン〉が手掛けるVINYL GOES AROUND、ニュー・アイテムは〈Tribe Records〉のコーチジャケット&パーカー、7インチとのセットも

〈Pヴァイン〉が手掛けるVINYL GOES AROUND、ニュー・アイテムは〈Tribe Records〉のコーチジャケット&パーカー、7インチとのセットも

Nov 17,2021 UP

 〈Pヴァイン〉が展開する、アナログ・レコードを軸にした新たなプロジェクト=「VINYL GOES AROUND」。このたび新たなアイテムの発売が告知された。
 今回の商品は、デトロイトのレーベル〈Tribe〉のオフィシャル・コーチジャケット&パーカー。
 嬉しいことに、ウェンデル・ハリスンとフィル・ラネリンによる〈Tribe〉の代表曲 “What We Need” (『A Message From The Tribe』冒頭曲)を収めた7インチとのセット販売もあるとのこと。今回も即完が予想されるので、ご購入はお早めに。

Tribe Recordsのコーチジャケット、パーカーをVINYL GOES AROUND限定で受注販売。
同レーベルの最重要作「What We Need」7inchとのセット販売も決定。

Tribe Recordsのコーチジャケット、パーカーを株式会社Pヴァインが運営するアナログ・レコードにまつわる新しい試みを中心としたプロジェクト、 "VINYL GOES AROUND"のサイト限定で受注販売をする。

Wendell HarrisonとPhil Ranelinによって1972年のデトロイトで発足したTribe Records。
ブラック・アメリカンズへの差別を無くし、生活や社会がより良くなるよう、音楽やメディア、イベントなど様々な営みを通してメッセージを発信した。既存のレコード会社の力を借りずに、アーティストが音楽の創作と管理を自らコントロールできるよう自主制作という形で運営。それにより自由な表現方法を保持し、洗練されたジャズをベースにしたファンクネスなサウンドと信念の強いメッセージを持った曲を次々に発表。これらはのちのヒップホップやデトロイト・テクノなど現代の音楽シーンに大きな影響を及ぼした。

A Message From The Tribeのロゴを背中に使用したオフィシャル・コーチジャケット。ボディはウォータープルーフでしっかりとした作りが定評のあるINDEPENDENT製。フロントにはVGAのロゴを施し、背面の裾にはTribeのスローガン、A NEW DIMENSION IN CULTURAL AWARENESSを表記。
パーカーはA Message From The Tribe の3rdバージョンのジャケットの裏面に記載されているイラストを使用。ボディは厚みのある生地と柔らかな着心地が特徴のAS Colour製。

そして2nd ヴァージョン以降のアルバム、A Message From Tribeの冒頭曲であり、メッセージ性の強さを象徴するTribeの代表曲「What We Need」の7inchとのセット販売も決定。ブラック・パワーの概念を昇華し、団結を求め、自由と自立のために今、何が必要かを問いかけた強いメッセージが妖艶なヴォーカルで紡がれていく、クールなエレクトリック・ピアノと切れの良いホーン・セクションがグルーヴィーなジャズファンク。
カップリング曲にはWenhaからリリースされたウェンデル・ハリソンのアルバム、「Organic Dream」から「The Wok」をピックアップ。オリエンタルかつ爽快でメロウなサウンドだが、その下地はTribeを受け継いだ骨太なリズムで、いわゆる一般的なフュージョン・サウンドとは一線を画している。
矢を挟んで二つの顔があるトライブのロゴのように、70年代の黒いスピリチュアルな側面と、それを受け継ぎながらメローダンサーへと移行した影と光のコントラストをこの1枚で是非とも味わって欲しい。

今回のみの特典として、TRIBEマガジンの表紙を使用したポスター(B2サイズ)を購入者全員にプレゼント。裏面には実際の記事を抜粋して掲載。こちらもVGAエクスクルーシヴ復刻アイテムとなる。

A Message From The Tribe ORIGINAL COACHES JACKET and HOODIE with WHAT WE NEED 7inch 販売サイト
https://vga.p-vine.jp/exclusive/

[商品情報]

・A Message From The Tribe COACHES JACKET
価格:¥17,380 (税込)(税抜:¥15,800)

・A Message From The Tribe COACHES JACKET with 7inch
価格:¥19,800 (税込)(税抜:¥18,000)

・A Message From The Tribe HOODIE
価格:¥13,200 (税込)(税抜:¥12,000)

・A Message From The Tribe HOODIE with 7inch
価格:¥15,620 (税込)(税抜:¥14,200)

※2021年12月6日(月)までの期間限定受注生産となります。
※限定品につき無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※商品の発送は 2022年1月中旬ごろを予定しています。

NEWS