ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. SOUL FIRE meets Chica/Undefined meets こだま和文 ──現在進行形のダブを味わえる濃厚なる一夜
  2. 『蛇の道』 -
  3. LIQUIDROOM 30周年 ──新宿時代の歴史を紐解くアーカイヴ展が開催
  4. James Hoff - Shadows Lifted from Invisible Hands | ジェイムス・ホフ
  5. Beth Gibbons - Lives Outgrown | ベス・ギボンズ
  6. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  7. ドライブアウェイ・ドールズ -
  8. interview with Tourist (William Phillips) 音楽はぼくにとって現実逃避の手段 | ツーリストが奏でる夢のようなポップ・エレクトロニカ
  9. Adrian Sherwood presents Dub Sessions 2024 いつまでも見れると思うな、御大ホレス・アンディと偉大なるクリエイション・レベル、エイドリアン・シャーウッドが集結するダブの最強ナイト
  10. R.I.P. Steve Albini 追悼:スティーヴ・アルビニ
  11. Still House Plants - If I Don​’​t Make It, I Love U | スティル・ハウス・プランツ
  12. Columns ♯5:いまブルース・スプリングスティーンを聴く
  13. interview with tofubeats 自分のことはハウスDJだと思っている  | トーフビーツ、インタヴュー
  14. Brian Eno, Holger Czukay & J. Peter Schwalm - Sushi, Roti, Reibekuchen | イーノ、シューカイ&シュヴァルム
  15. Overmono ──オーヴァーモノによる単独来日公演、東京と大阪で開催
  16. Columns 大胆不敵な音楽の熟達者たち――AMM論
  17. Tribute to Ryuichi Sakamoto “Micro Ambient Music” ——坂本龍一に捧げた大作コンピレーションが配信とアナログ・リリース開始
  18. seekersinternational & juwanstockton - KINTSUGI SOUL STEPPERS | シーカーズインターナショナル&ジュワンストックトン
  19. Sun Ra ——生涯をかけて作り上げた寓話を生きたジャズ・アーティスト、サン・ラー。その評伝『宇宙こそ帰る場所』刊行に寄せて
  20. Cornelius ──コーネリアスがアンビエント・アルバムをリリース、活動30周年記念ライヴも
/home/users/2/ele-king/web/ele-king.net/

Home >  News > Get Loose - ──新たなパーティが始動、MURVSAKI、Hibi Bliss、1017 Muney、Ryo、Double Clapperz が出演

Get Loose

Get Loose

──新たなパーティが始動、MURVSAKI、Hibi Bliss、1017 Muney、Ryo、Double Clapperz が出演

Dec 13,2019 UP

 フレッシュかつ尖ったサウンドは、じつは、そこかしこに潜んでいる。来年1月11日、新たにスタートする《Get Loose》も、そんな“いま”を切りとったエキサイティングなパーティになりそうだ。KOHH や BAD HOP、Tohji らのトラックで知られる大阪のプロデューサー MURVSAKI、今年最高にすばらしいコンピを送り届けてくれた〈Night Slugs〉のマナラを招いてパーティを開催した Hibi Bliss、ヒップホップやレゲエを折衷する仙台の 1017 Muney、さまざまなジャンルを独自のセンスで横断する ryo、そしてグライムを軸に東京の地下を揺らし続けるわれらが Double Clapperz の計5組が出演する。“いま”のサウンドを聴きたければ年明け、まずはこのパーティに行こう。

《Get Loose》 at WWWβ 開催

この20年間でヒップホップやダンスミュージックをめぐる状況は様変わりし、ローカルに偏在していたオフラインの“ストリート”から、オンラインに遍在する“ストリート”へと一気に伝播した。とくにラップミュージックはスマートフォンで動画を見る形がもっとも主流となっている。

一方で、この音楽は祝祭的な身体性を常に秘めており、革新され続けている。ビートメイカーやエディットやブートレグを生み出してきたDJは、ラップミュージックやダンスミュージックの身体性を拡張し、音楽をレベルアップしてきた。“Get Loose”はそんなアーティストやDJにフォーカスしたパーティとなる。

第一回目となる今回は KOHH、Bad Hop、Tohji といった最先端のラッパーのトラックを作り出し、フロアを揺らし続けてきたプロデューサー MURVSAKI がDJセットを披露する。ヒップホップ・レゲエを中心にエクレクティックなセットをプレイする 1017 Muney、UKアーバンミュージックを軸とする Hibi Bliss、様々なジャンルを独自のセンスで架橋する Ryo、グライムDJの Double Clapperz がDJをつとめる。

ダンスミュージックとラップミュージックの垣根を越える一晩。ディレクションチームGRIDIN’がパーティをサポートし、オールナイトを盛り上げる。

“Get Loose” at WWWβ
1/11 (sat) 11pm-5am
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-17 B1F シネマライズビル
ADV ¥1,000 @RA / DOOR ¥1,500 / U23 ¥1,000

出演者:
MURVSAKI
Hibi Bliss
1017 Muney
Ryo
Double Clapperz

TWEET

UKD93今夜🔥🔥🔥Get Loose ──新たなパーティが始動、MURVSAKI、Hibi Bliss、1017 Muney、Ryo、Double Clapperz が出演 | ele-king https://t.co/CdQAVeLvSU@UKD93 01.11 17:54

NEWS