ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Tsudio Studio - Port Island (review)
  2. Random Access N.Y. vol.111 : ヴェジタリアン&ヴィーガン事情 (columns)
  3. AJ Tracey - AJ Tracey (review)
  4. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  5. Nkisi - 7 Directions (review)
  6. Carpainter ──〈TREKKIE TRAX〉の俊英がなんともレイヴィな新作をリリース (news)
  7. 自然なきエコロジー──来たるべき環境哲学に向けて - ティモシー・モートン(著) 篠原雅武(訳) (review)
  8. Vince Staples - FM! / Earl Sweatshirt - Some Rap Songs (review)
  9. interview with Masato Matsumura これからの前衛音楽のために (interviews)
  10. Kankyō Ongaku ──日本のアンビエントにフォーカスしたコンピレーションが発売 (news)
  11. interview with Simon Halliday 元〈WARP〉スタッフ、現〈4AD〉社長に話を訊く (interviews)
  12. 闘魂 2019 - 出演:cero、フィッシュマンズ (review)
  13. The Matthew Herbert Big Band ──ハーバートがビッグ・バンドで新作をリリース、発売日はイギリスがEUを離脱する3月29日 (news)
  14. エスタブリッシュメント 彼らはこうして富と権力を独占する - オーウェン・ジョーンズ 著 依田卓巳 訳ブレイディみかこ 解説 (review)
  15. Ninjoi. - Masayume (review)
  16. The Specials - Encore (review)
  17. 女王陛下のお気に入り - (review)
  18. Shout To The Top 僕がアリアナ・グランデに惹かれる理由 (columns)
  19. interview with Mark Stewart 俺は永遠の楽観主義者だ (interviews)
  20. interview with tofubeats 走る・走る・走る (interviews)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Cuushe / Airy Me, goat / NEW GAMES

Cuushe / Airy Me, goat / NEW GAMES

Cuushe / Airy Me, goat / NEW GAMES

   Jul 18,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

Cuushe - Airy Me

Video directed by 久野遥子

 この夏4年ぶりのアルバムのリリースを控えている京都出身のクーシー、ゆらめく電子音と美しい歌が織りなす最高のメランコリーを作っている、注目すべき女性アーティストだ。グルーパーとジュリアン・ホルターの溝を埋めるとでも形容したらいいのか......、昨年発表したEP『Girl you know that I am here but the dream』(ミニCD3枚組という変則リリース)ではジュリア・ホルターやティーン・デイズらがリミキサーとして参加、デムダイク・ステアのマイルスがマスタリングしているが、これも瞬く間に完売。新作は間違いなく、より幅広く聴かれるであろう。
 そんな彼女が2009年のデビュー・アルバム『Red Rocket Telepathy』収録の"Airy Me"のヴィデオを発表した。映像は、久野遥子が約2年の歳月をかけて手描きで完成させたという渾身の作品で(このために3000画を描いたという)、まあ、どうぞご覧下さい。まったく素晴らしいです。

goat - NEW GAMES (live)


 7月17日にアルバム『NEW GAMES』を〈UNKNOWNMIX〉から発表したばかりの、関西のバンド、ゴート。佐々木敦が「このクールに発狂するグルーヴを聴け!」と興奮しているが、たしかにおしゃっる通り、作品はとんでもなく良い。通のあいだでは東の空間現代、西のゴートと呼ばれているらしいが、これも一種のポストパンク的なるもののひとつなのだろう。
 あるいは、コニー・プランクを彷彿させるかのようなアフリカへのアプローチとでも言ったらいいのか、ジャズとテクノの往復のなかで展開されるポリリズムは圧倒的で、このグルーヴはシャックルトン、もしくはマーク・エルネストゥスのジェリ・ジェリ(あるいはZ's、あるいはリップ・リグ&パニックの再評価など)にも通底している。recommend!!


Pet Shop Boys - Vocal


 最後にこれは......20年前は若かった方と現在若い方へ、です。