ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Brian Eno ──ブライアン・イーノが新曲を公開、保守党に任せれば何もかもうまくいく! (news)
  2. Masahiko Takeda - Mitate (review)
  3. interview with Daniel Lopatin 人間としての自分に近い作品に思えた (interviews)
  4. DJ Nigga Fox - Cartas Na Manga (review)
  5. Kanye West - Jesus Is King (review)
  6. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 中編:NYサウンドの新世代 (columns)
  7. Burial - Tunes 2011-2019 (review)
  8. ISSUGI ──本日ニュー・アルバムをリリース、初のワンマンライヴも決定 (news)
  9. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 前編:10年代のブルックリンの軌跡 (columns)
  10. interview with FINAL SPANK HAPPY メンヘラ退場、青春カムバック。 (interviews)
  11. Mars89 ──東京の気鋭のDJが新作12インチをリリース、トム・ヨーク、ゾンビー、ロウ・ジャックの3組がリミックスで参加 (news)
  12. 30/70 - Fluid Motion (review)
  13. Big Thief - U.F.O.F. / Big Thief - Two Hands (review)
  14. Get Loose ──新たなパーティが始動、MURVSAKI、Hibi Bliss、1017 Muney、Ryo、Double Clapperz が出演 (news)
  15. interview with Kazufumi Kodama 不自由のなかの自由 (interviews)
  16. Columns Yves Tumor いま話題のアーティスト、イヴ・トゥモアとは何者か? (columns)
  17. interview with Kode9 〈ハイパーダブ〉15周年記念 (interviews)
  18. Columns 12インチ・シングルをまた買い出してしまった。あー(嘆) ――“12インチ・シングル・ジェネレイション”が1月から振り返る2013年 (columns)
  19. Columns 元ちとせ 反転する海、シマ唄からアンビエントへ (columns)
  20. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Cuushe / Airy Me, goat / NEW GAMES

Cuushe / Airy Me, goat / NEW GAMES

Cuushe / Airy Me, goat / NEW GAMES

   Jul 18,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

Cuushe - Airy Me

Video directed by 久野遥子

 この夏4年ぶりのアルバムのリリースを控えている京都出身のクーシー、ゆらめく電子音と美しい歌が織りなす最高のメランコリーを作っている、注目すべき女性アーティストだ。グルーパーとジュリアン・ホルターの溝を埋めるとでも形容したらいいのか......、昨年発表したEP『Girl you know that I am here but the dream』(ミニCD3枚組という変則リリース)ではジュリア・ホルターやティーン・デイズらがリミキサーとして参加、デムダイク・ステアのマイルスがマスタリングしているが、これも瞬く間に完売。新作は間違いなく、より幅広く聴かれるであろう。
 そんな彼女が2009年のデビュー・アルバム『Red Rocket Telepathy』収録の"Airy Me"のヴィデオを発表した。映像は、久野遥子が約2年の歳月をかけて手描きで完成させたという渾身の作品で(このために3000画を描いたという)、まあ、どうぞご覧下さい。まったく素晴らしいです。

goat - NEW GAMES (live)


 7月17日にアルバム『NEW GAMES』を〈UNKNOWNMIX〉から発表したばかりの、関西のバンド、ゴート。佐々木敦が「このクールに発狂するグルーヴを聴け!」と興奮しているが、たしかにおしゃっる通り、作品はとんでもなく良い。通のあいだでは東の空間現代、西のゴートと呼ばれているらしいが、これも一種のポストパンク的なるもののひとつなのだろう。
 あるいは、コニー・プランクを彷彿させるかのようなアフリカへのアプローチとでも言ったらいいのか、ジャズとテクノの往復のなかで展開されるポリリズムは圧倒的で、このグルーヴはシャックルトン、もしくはマーク・エルネストゥスのジェリ・ジェリ(あるいはZ's、あるいはリップ・リグ&パニックの再評価など)にも通底している。recommend!!


Pet Shop Boys - Vocal


 最後にこれは......20年前は若かった方と現在若い方へ、です。