ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Cowboy Sadness - Selected Jambient Works Vol. 1 | カウボーイ・サッドネス
  2. R.I.P. Damo Suzuki 追悼:ダモ鈴木
  3. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  4. ソルトバーン -
  5. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  6. Creation Rebel ──クリエイション・レベルの歴史を詰め込んだCDボックスセットが登場
  7. レア盤落札・情報
  8. Columns ♯3:ピッチフォーク買収騒ぎについて
  9. Tapir! - The Pilgrim, Their God and The King Of My Decrepit Mountain | テイパー!
  10. BAD HOP - BAD HOP 1 DAY
  11. Columns 『男が男を解放するために』刊行記念対談
  12. Columns 誰がために音楽は鳴る
  13. Columns レイヴ・カルチャーの思い出
  14. マルクス解体──プロメテウスの夢とその先 - 斎藤幸平(著)斎藤幸平+竹田真登+持田大志+高橋侑生(訳)
  15. CAN ──だれもが待ちわびていただろう黄金時代、ダモ鈴木在籍時のライヴ盤がついに登場
  16. Jerskin Fendrix - Poor Things (Original Motion Picture Soundtrack) | ジャースキン・フェンドリックス
  17. Don Letts ──パンキー・レゲエ・パーティDJの創始者、ドン・レッツが来日
  18. Moritz von Oswald ——ベルリン・ミニマルの巨匠、モーリッツ・フォン・オズワルドが来日
  19. Piper Spray & Lena Tsibizova - Debtor of Presence
  20. Columns 早世のピアニスト、オースティン・ペラルタ生前最後のアルバムが蘇る ──ここから〈ブレインフィーダー〉のジャズ路線ははじまった | Austin Peralta
/home/users/2/ele-king/web/ele-king.net/

Home >  News > Marcus J. Moore - ──ケンドリック・ラマーの評伝が刊行

Marcus J. Moore

Marcus J. Moore

──ケンドリック・ラマーの評伝が刊行

Nov 27,2021 UP

 ケンドリック・ラマー評伝の邦訳が12月頭に刊行される。
 著者はアメリカの週刊誌『ザ・ネイション』などで執筆する、ブルックリン在住の音楽ジャーナリスト、マーカス・J・ムーア。最近はピンク・シーフムーア・マザーについての記事を『ニューヨーク・タイムズ』紙に寄せている。訳者はヒップホップ・ジャーナリストの塚田桂子。
 ケンドリックの生い立ちや作品を追いながら、現在アメリカのブラックのコミュニティでなにが起こっているのかなどまで含めて考察、時代を見据える1冊になっているようだ。楽しみです。

バタフライ・エフェクト
ケンドリック・ラマー伝

マーカス・J・ムーア 著
塚田 桂子 訳

河出書房新社
単行本 46
352ページ
ISBN:978-4-309-29171-0
Cコード:0073
発売日:2021.12.02(予定)

黒人たちの陰惨なる現実に救済を求め、ブラックミュージック史を根底から更新するラッパー、ケンドリック・ラマー。彼はいかに自身の表現を獲得したのか? その軌跡に迫る傑作評伝。

マーカス・J・ムーア(ムーア,マーカス・J)
音楽ジャーナリスト、編集者、キュレーター。「ピッチフォーク」「ザ・ネイション」「NPR」などで執筆やGoogleのプレイリスト監修。『カニエ・ウエストへの手紙』でエドワード・R・マロー賞を受賞。

塚田 桂子(ツカダ ケイコ)
翻訳者、ヒップホップ・ジャーナリスト。訳書に『ギャングスタ・ラップの歴史』がある。LA在住で、ケンドリック・ラマーへは、デビューした当時から取材を重ねている。

https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309291710/

NEWS