ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Bekon - Get With The Times (review)
  2. Dave - Game Over (review)
  3. yahyel ──ヤイエルがセカンド・アルバムをリリース (news)
  4. 子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から - ブレイディみかこ (review)
  5. Lemzly Dale ──UKグライムの立役者が初の海外ツアーで来日 (news)
  6. New Order ──アナーキー・イン・ザ・ベルリン、80年代の西ベルリンを描いたニュー・オーダーの新PVに注目 (news)
  7. Moritz von Oswald & Ordo Sakhna - Moritz Von Oswald & Ordo Sakhna (review)
  8. interview with Kojoe 日本語ラップとブラック・ミュージックの狭間で (interviews)
  9. 『バンドやめようぜ!』リリース・パーティ決定! (news)
  10. interview with Marina Kodama 私が燻製してあげる (interviews)
  11. 坂本龍一 - ASYNC - REMODELS (review)
  12. Equiknoxx - Colón Man (review)
  13. 海賊放送はイギリスの音楽をどう変えたか - ──ピーター・バラカンとハンス・フェルスタッドが語る〈ラジオ・キャロライン〉 (news)
  14. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  15. ele-king vol.21 ──特集:2017年ベスト・アルバム30/ベスト映画10 (news)
  16. interview with IO - KoolBoyの美学 (interviews)
  17. 嘘八百 - (review)
  18. ルイの9番目の人生 - (review)
  19. Nick Hakim - Green Twins (review)
  20. interview with Ian F. Martin アイデンティティの問題と、いまアイドルについて語らないこと (interviews)

Home >  Reviews >  Live Reviews > Alfred Beach Sandal、Gellers 、昆虫キッズ、TADZIO- 『リサイタリズム』

Live Reviews

Alfred Beach Sandal、Gellers 、昆虫キッズ、TADZIO

Alfred Beach Sandal、Gellers 、昆虫キッズ、TADZIO

『リサイタリズム』

@代官山 晴れたら空に豆まいて

Feb 21, 2012

文:野田 努  
写真:小原泰広   Feb 24,2012 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 3番目の出演者のアルフレッド・ビーチ・サンダルはこう言った。「今回はオルタナっていうことで話題になったようで......」(中略)「で、最終的にはオルタナとはなんぞや? と」、と言った。「オルタナとはなんぞや?」、筆者なりにひとつのメタファーとして答えてみる。人は言う。若者(20代)の70%はいまの社会に満足していると。ならばオルタナとは残りの30%。筆者が若者だった頃は、少なく見積もっても90%の若者がそのときの日本に満足していだろう。もし現在のそれが70%であるのなら、オルタナも増えてきたと言えるかもしれない。

TADZIO

Alfred Beach Sandal

 そんなわけで筆者と小原泰広はまたしてもタッツィオのライヴに行った。これぞオルタナ道。この重苦しい時代においてふたりの若い女性によるバンドは、美少年タッツィオ(タージオ)=ヴェニスに死す=トーマス・マン≠ルキノ・ヴィスコンティを主張する。このはんぱない反時代性、それこそ我々を惹きつけてやまない要因のひとつだ。
 この日は他のラインナップも魅力的だった。ちょうど2日前、我々は恵比寿ガーデンホールでスピリチュアライズドのライヴを観た。筆者にとってそれは19年ぶりのことで、20代の最後に観たのライヴがスピリチュアライズドだったかもなと思いながら、90年代リヴァイヴァルを目の当たりにした。これはその2日後のことだ。〈晴れたら空に豆まいて〉に来たのは初めてだったが、感じの良いヴェニューだった。

 ライヴとはつくづくナマモノだ。この日、最初の出番となった部長とリーダーは、同じ曲を演奏しているというのに、1週間前と同じバンドとは思えないほど、良かった。"Nosebleed"~"HB"のはじまりは見事で、ロックンロールの感覚的な魅力を見事に表していたし、"NOMISO"や"SICK"のようなパンク・ソングも冴えていた。彼女たちのアンチ・(メロ)ドラマツルギーな響き、反叙情的な痛快さ、そのデタラメな疾走感、バンドの長所がぜんぶ出ていた。チューニングの合っていないノイズ・ギターとミニマルなビート。一瞬、初期のワイアーみたい、と思った。
 続いて登場した昆虫キッズは、二枚目のモッズ風のヴォーカリストを中心にしたバンドで、捻りがあるとはいえこの日に登場したなかではもっともポップだった。続いて、エレキング界隈での評価も高いアルフレッド・ビーチ・サンダル。バンド編成での演奏ははじめて間もないという話だが、リズミックな展開において一時期のトーキング・ヘッズを思わせるような、狂気においてはキャプテン・ビーフハートを思わせるような、ポテンシャルの高いライヴだったし、ヴォーカリストの青年からは秘めたる強烈な拒絶の感情を感じ取ることができた。このバンドはこの先さらに化けるだろう。トリをつとめたGellersはバンドとして成熟していた。何と言っても演奏、アンサンブルがしっかりしている。トクマル・シューゴは格好いいし、ドラムとベースの素晴らしいコンビネーションを土台にしながらエモーショナルに展開する彼らの楽曲には精巧さと力の両方があった。
 
 わずか50人規模のライヴ空間は面白い。たったいま起きていることに立ち会える。30%の人間にとってこんな贅沢はない。30%、がんばろう。経験的に言えば、たいへんなことも多々あるが、楽しいこともたくさんある。




TADZIO

文:野田 努