ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Larry Heard 社会にはつねに問題がある、だから私は音楽に美を吹き込む | ラリー・ハード、来日直前インタヴュー
  2. interview with Shabaka シャバカ・ハッチングス、フルートと尺八に活路を開く
  3. The Jesus And Mary Chain - Glasgow Eyes | ジーザス・アンド・メリー・チェイン
  4. Columns ♯5:いまブルース・スプリングスティーンを聴く
  5. Beyoncé - Cowboy Carter | ビヨンセ
  6. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  7. interview with Keiji Haino 灰野敬二 インタヴュー抜粋シリーズ 第2回
  8. Rafael Toral - Spectral Evolution | ラファエル・トラル
  9. claire rousay ──近年のアンビエントにおける注目株のひとり、クレア・ラウジーの新作は〈スリル・ジョッキー〉から
  10. Free Soul ──コンピ・シリーズ30周年を記念し30種類のTシャツが発売
  11. 壊れかけのテープレコーダーズ - 楽園から遠く離れて | HALF-BROKEN TAPERECORDS
  12. interview with Mount Kimbie ロック・バンドになったマウント・キンビーが踏み出す新たな一歩
  13. interview with Keiji Haino 灰野敬二 インタヴュー抜粋シリーズ 第1回  | 「エレクトリック・ピュアランドと水谷孝」そして「ダムハウス」について
  14. Larry Heard ——シカゴ・ディープ・ハウスの伝説、ラリー・ハード13年ぶりに来日
  15. CAN ——お次はバンドの後期、1977年のライヴをパッケージ!
  16. tofubeats ──ハウスに振り切ったEP「NOBODY」がリリース
  17. まだ名前のない、日本のポスト・クラウド・ラップの現在地 -
  18. Prins Thomas ──ノルウェーからプリンス・トーマスが来日、大阪BAR IncとRainbow Disco Clubに出演
  19. Matthew Halsall & Gondwana Orchestra - Into Forever  | マシュー・ハルソール、ゴンドワナ
  20. Jlin - Akoma | ジェイリン
/home/users/2/ele-king/web/ele-king.net/

Home >  News > Clark - ──クラーク新作にオリヴァー・コーツ、クリス・テイラー(グリズリー・ベア)、アフロドイチェら参加

Clark

Clark

──クラーク新作にオリヴァー・コーツ、クリス・テイラー(グリズリー・ベア)、アフロドイチェら参加

Jan 27,2021 UP

 エイフェックス不在の時代に〈Warp〉を支えたプロデューサー、クラークが3月26日にニュー・アルバム『Playground In A Lake』を送り出す。サントラも含めると、通算12枚目のフルレングスとなる。
 今回のリリース元はクラシカルの名門〈Deutsche Grammophon〉で、同作にはチェリストのオリヴァー・コーツグリズリー・ベアのクリス・テイラー、新世代エレクトロの有望株アフロドイチェらが参加しているとのこと。よくわからない組み合わせだが、ということはつまり、まだだれも聴いたことのないような音楽が生み出されている……?? ヴァイオリニストや少年合唱団も招かれているようなので、モダン・クラシカルに寄った内容に仕上がっているのかもしれない。現在 “Small” が先行公開中です。

 アルバムの試聴・予約はこちらから。しかし先日のアルカとのコラボといい、オリヴァー・コーツの勢いはすごいですね。これは彼の時代が来ていると言っていいかも。

NEWS