ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. R.I.P. Steve Albini 追悼:スティーヴ・アルビニ
  2. Sisso - Singeli Ya Maajabu | シッソ
  3. interview with I.JORDAN ポスト・パンデミック時代の恍惚 | 7歳でトランスを聴いていたアイ・ジョーダンが完成させたファースト・アルバム
  4. interview with Keiji Haino 灰野敬二 インタヴュー抜粋シリーズ 第3回
  5. seekersinternational & juwanstockton - KINTSUGI SOUL STEPPERS | シーカーズインターナショナル&ジュワンストックトン
  6. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  7. 忌野清志郎 - Memphis
  8. Adrian Sherwood presents Dub Sessions 2024 いつまでも見れると思うな、御大ホレス・アンディと偉大なるクリエイション・レベル、エイドリアン・シャーウッドが集結するダブの最強ナイト
  9. interview with Yui Togashi (downt) 心地よい孤独感に満ちたdowntのオルタナティヴ・ロック・サウンド | 富樫ユイを突き動かすものとは
  10. Claire Rousay - Sentiment | クレア・ラウジー
  11. interview with Keiji Haino 灰野敬二 インタヴュー抜粋シリーズ 第1回  | 「エレクトリック・ピュアランドと水谷孝」そして「ダムハウス」について
  12. interview with Anatole Muster アコーディオンが切り拓くフュージョンの未来 | アナトール・マスターがルイス・コールも参加したデビュー作について語る
  13. Overmono ──オーヴァーモノによる単独来日公演、東京と大阪で開催
  14. interview with Sofia Kourtesis ボノボが贈る、濃厚なるエレクトロニック・ダンスの一夜〈Outlier〉 | ソフィア・コルテシス来日直前インタヴュー
  15. 角銅真実 - Contact
  16. interview with Keiji Haino 灰野敬二 インタヴュー抜粋シリーズ 第2回
  17. Cornelius ──コーネリアスがアンビエント・アルバムをリリース、活動30周年記念ライヴも
  18. great area - light decline | グレート・エリア
  19. Columns Kamasi Washington 愛から広がる壮大なるジャズ絵巻 | ──カマシ・ワシントンの発言から紐解く、新作『Fearless Movement』の魅力
  20. Kavain Wayne Space & XT - YESYESPEAKERSYES | RPブー

Home >  News >  Gallery > David Bowie/Our Brixton Boy/RIP

David Bowie/Our Brixton Boy/RIP

David Bowie/Our Brixton Boy/RIP

photos : 岩沢蘭 Jan 14,2016 UP

 月曜の朝、BBC1でデヴィット・ボウイの死が緊急ニュースとして報道された。私は彼の音楽をほとんど知らず、“Life on Mars”と“Space Oddity”を「聴いたことがある」程度であった。翌日近所のテスコで売っている新聞はすべて1面がボウイの写真だった。
 ブリクストンにあるボウイの壁画の前にはたくさんの花束とメッセージが置かれ、人だかりができていた。小雨が降って来たので、そこから少し離れたカフェの軒下に行くと、花束を持ったままタバコを吸っている男性が壁画を見つめていた。彼の花束にはメッセージが添えられていた。
タバコを吸う彼の表情が気になったので声をかけた。
「15歳の時、小さなベニューでボウイの音楽を聴いたことが俺の自慢なんだ」。彼の言葉からはたださびしさが伝わってきた。
 壁画から歩いて10分もかからない住宅街に彼の住んでいたアパートがある。そこにも花束やレコードがあった。
 追悼パーティーが行われた広場の前にあるリッツィーシネマ(Ritzy Cinema)の看板には「David Bowie/Our Brixton Boy/RIP」と記されていた。
 世界を魅了したボウイが、彼の生まれ育ったブリクストンで今でも大切に想われている。その事に胸が熱くなった。献花の中にあった、泣きながら星を見上げる人々の絵のように、ボウイの最後のアルバムBlackstarが彼の音楽を愛した人々と共にありますように。

岩沢蘭


photos : 岩沢蘭

NEWS