ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Kelela & Asmara - Aquaphoria (review)
  2. Ash Walker - Aquamarine (review)
  3. Bon Iver ──ボン・イヴェールの来日公演が決定 (news)
  4. Nkisi ──新世代テクノの急先鋒、キシ来日直前インタヴュー (news)
  5. interview with (Sandy) Alex G 塩と砂糖の誘惑 (interviews)
  6. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  7. Random Access N.Y. vol. 119:玄人インディ・ロック界の王子たち Deerhunter and Dirty Projectors @webster hall (columns)
  8. interview with trickfinger (John Frusciante) マシンより完全に (interviews)
  9. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  10. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  11. Leo Svirsky - River Without Banks (review)
  12. interview with For Tracy Hyde シティ・ポップ・リヴァイヴァルから「シティ」を奪還する (interviews)
  13. イギリスでは高校生に授業参観でレイヴの歴史を教えています (news)
  14. Nkisi ──UKテクノの急先鋒、キシ来日直前インタヴュー (news)
  15. Squarepusher, Oneohtrix Point Never & Bibio ──〈Warp〉30周年イベントが開催決定! スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオが一挙来日 (news)
  16. Columns 「ハウスは、ディスコの復讐なんだよ」 ──フランキー・ナックルズの功績、そしてハウス・ミュージックは文化をいかに変えたか (columns)
  17. interview with Kindness 音楽である必要すらないんです (interviews)
  18. Nkisi - 7 Directions (review)
  19. interview with Yutaka Hirose よみがえる1986年の環境音楽 (interviews)
  20. Aphex Twin ──エイフェックス・ツイン最新公演のライヴ・ストリーミングが決定 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Falty DL- Hardcourage

Falty DL

Falty DL

Hardcourage

Ninja Tune/ビート

Amazon iTunes

北中正和   Dec 28,2012 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 このアルバムを聞いて最初に感じたのは懐かしさと明快さと音の強度だった。
 懐かしさについては、時期やアーティストを特定できるほど、ぼくはダンス・ミュージックを聞いてきたわけではないので、CDの野田努さんの解説を参照してほしいが、その中に1992年ごろのエイフェックス・ツインの名前があげられているのを見たとき、自分がなぜこのアルバムにひかれたのか、理由がわかるような気がした。かつてのエイフェックス・ツインの音楽がそうであったように、フォルティDLのこのアルバムの音楽は、ダンスしないでも楽しめる面がある音楽だからだ。

 フロアでの踊りやすさや盛り上がりとは別のところでダンス・ミュージックが消費されていくことに対しては、賛否両論あるだろうと思うが、ポップ・ミュージックの側からすれば、それがポップ・ミュージックの範囲を広げてきたことは否定できない。そして、たとえダンス・ミュージックでも、CDアルバムという容器で作品を発表するなら、踊らない音楽ファンが聴く可能性を拒むことはできないのだから、そうした聴き手も考慮に入れてアルバムを作るアーティストも出てくる。このアルバムはそれを凝縮度の高い音像できわめて明快に、示している。力強いリズムも気持ちいい。

 コアなダンス・ミュージックは、短いフレーズの反復が主役だから、ポップス・ファンからすると、曲展開が乏しく感じられるものが多い。しかしこのアルバムの曲には、AA'BCといったポップスの典型的なフォーマットこそとっていないが、随所に音の物語を追うことができるような仕掛けがある。たとえばハウスやテクノでアイコン的に使われるフレーズを、ロック用語で言うならリフ的に使って、とっかかりやすく感じさせる。5曲目のように、ハーモニーを意識した曲があるかと思えば、6曲目のように徹底して反復的なリズムにある種のヒップホップ的なホコリっぽい音響や雑踏のつぶやきのような声を加えて、リズムに音色的なふくらみを持たせた曲もある。2曲目のヴォーカルは、いまどきのアメリカのインディー・ロックのようだ。

 1曲目を聞いて20年前のエイフェックス・ツインを思い出すだけでなく、キーボードワークではさらにさかのぼってクラフトワークを思い出したり、3曲目にフランキー・ナックルズのこだまを感じるといった聴き方もできなくはないだろう。ポップス・ファンからはアット・ランダムに増殖・拡散するミュータントのように思われてきたダンス・ミュージックの世界だが、先行するアーティストに対する敬意があって、そこにおのずと歴史感覚が発生してくることに変わりはない。ぼくにとってはこれはそんなことも感じさせてくれるアルバムだ。

北中正和