ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nwando Ebizie - The Swan (review)
  2. Natalie Beridze - Of Which One Knows (review)
  3. Associates - Sulk(40th Anniversary Edition) (review)
  4. Takuma Watanabe ——渡邊琢磨『ラストアフタヌーン』@ 河口湖円形ホール (news)
  5. THE PIANO ERA 2022 ——テリー・ライリーや高木正勝も出演、ピアノ音楽をテーマにした2日間のフェスティヴァル (news)
  6. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  7. interview with Hudson Mohawke 待っていたよ、ハドソン・モホーク (interviews)
  8. Nick Cave & Warren Ellis ——ニック・ケイヴ&ウォーレン・エリスが音楽を手がける自然ドキュメンタリー映画上映 (news)
  9. Kangding Ray - ULTRACHROMA (review)
  10. ニュー・ダッド──あたらしい時代のあたらしいおっさん - 木津毅 (review)
  11. Tonalism ──LA発のアンビエント・イベントがPARCOで開催 (news)
  12. GemValleyMusiQ - Abu Wronq Wronq (review)
  13. Jeff Mills ──ジェフ・ミルズの来日公演が決定 (news)
  14. Ryoji Ikeda ──池田亮司が約10年ぶりのオリジナル・アルバムをリリース、渋谷WWW Xにて最新ライヴも (news)
  15. black midi - Hellfire (review)
  16. Whitearmor - In the Abyss: Music for Weddings (review)
  17. Columns 山本アキヲの思い出 (columns)
  18. Alva Noto & Ryuichi Sakamoto - Glass (review)
  19. Pine Barons ——フィラデルフィアのインディ・バンドが、フィッシュマンズのカヴァー・アルバムをリリース (news)
  20. interview with HASE-T 人生が変わるような音楽 (interviews)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Bonobo- The North Borders

Bonobo

Bonobo

The North Borders

Ninja Tune/ビート

Amazon iTunes

野田 努   Mar 27,2013 UP

 先週のレヴューで木津毅が挙げていたライ、実は僕も勢いで買ってしまったのだが、笑ってしまうほどあれは、言わばチル&ビー版(ハウ・トゥ・ドレス・ウェルやインクの流れ)のシャーデーだった。
 「これよりもっとジャジーなのはないんですか?」とお店の人に訊いたところ、「いまのところライがいちばんジャジー」という話だった。
 しかし、考えてみれば、ダブステップ以後のクロスオーヴァー現象においては、ソウル/ジャズへのアプローチも目立っているので、ジャジーなものはそちらから探せば良い。チル的感性は、クラブ・カルチャーから生まれたものだから、お手の元と言えばそうなのだ。ボノボことサイモン・グリーンの新しいアルバム『ザ・ノース・ボーダー』も、今日的なジャジーな展開を見せる1枚である。

 それにしても、このエクレクティック(寄せ集め)で、ジャジーで、同時にシンフォニックな感性は、英国ならではのものだ。初期のマッシヴ・アタックからベースとラップをさっ引いた感じ。ボノボの評価をいっきに上げた前作『ブラック・サンズ』はよりエレクトロニックで、アンビエント・フィーリングが注がれていたが、通算5枚目となる本作は、エリカ・バドゥが参加しているように、ソウル寄りだ。チェロやヴァイオリンの音が感情のうねりを表し、ビートは鼓動だ。混ざり合って、そしてリスナーを安心させる。それでは部屋の灯りを消しましょう。安らかに、永遠に。
 まだまだ2ステップ・ガラージのリズムは、現役だ。充分に使える。ボノボのようなメロウな曲を得意とする音楽には打ってつけのように思える。前作よりもリズムが際立っている。それでも控えめな気もするが、パーカッションが効いているし、このぐらいがちょうど良いと感じる人だって少なくない。エリカ・バドゥが歌っている"Heaven For The Sinner"は、『ロサンジェルス』の頃のフライロー風のビートだが、曲名の通り、桃源郷的な煌めきがいっぱい。サイモン・グリーンのクラシック音楽の素養で、その輝きを増幅させている。
 その通り。『ザ・ノース・ボーダー』は、ラウンジ・ミュージックでもある。「ダウンテンポ」という曖昧な括りで語られているクラブ系のサブジャンルだが、昔からこの「ダウンテンポ」には良いものが多い。本作を聴いて、クルーダー&ドーフマイスターを思い出す人も多いだろう。実に見事な90年代的アプローチ、変わったのはビートのアクセント、スムーズに気持ち良くなりたい人は、たったいまPCの電源を切って、音楽の再生ボタンを押しましょう。多少音量を上げても、近所迷惑になることはない。

野田 努