ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Young Fathers 日本はもっとヤング・ファーザーズを聴くべき | アロイシャス・マサコイ (interviews)
  2. R.I.P. 鮎川誠 | シーナ&ロケッツ (news)
  3. Columns 高橋幸宏 音楽の歴史 (columns)
  4. R.I.P. Tom Verlaine 追悼:トム・ヴァーレイン (news)
  5. Loraine James - Building Something Beautiful For Me (review)
  6. Columns ギラ・バンド、ガールズ・バンド、そして音楽的不快感 (columns)
  7. TechnoByobu ——君は「テクノ屏風」を知っているか (news)
  8. John Cale - Mercy | ジョン・ケイル (review)
  9. Joesef - Permanent Damage | ジョーセフ (review)
  10. Matthewdavid ──LAのマシューデイヴィッドがトリッピーな新作EPを投下、年内には久々のアルバムも (news)
  11. R.I.P. Yukihiro Takahashi 追悼:高橋幸宏 (news)
  12. Weldon Irvine ——ブラック・ミュージックの宝石、ウェルドン・アーヴィンの原盤権・著作権を〈Pヴァイン〉が取得し、リイシューを開始します (news)
  13. Rainbow Disco Club 2023 ——今年はジェフ・ミルズ登場、ほか豪華キャストで開催 (news)
  14. 坂本龍一 - 12 (review)
  15. Boys Age - Music For Micro Fishing (review)
  16. Ben Frost - Broken Spectre | ベン・フロスト (review)
  17. イニシェリン島の精霊 - (review)
  18. Yves Tumor ──現代のきらびやかなアイコン、イヴ・トゥモアがニュー・アルバムを送り出す (news)
  19. R.I.P. Terry Hall 追悼:テリー・ホール (news)
  20. Billy Nomates - Billy Nomates | ビリー・ノーメイツ (review)

Home >  Columns > R.I.P. DJ Rashad

Columns

R.I.P. DJ Rashad

R.I.P. DJ Rashad

Apr 28,2014 UP

 シカゴのジューク/フットワーク──更新されるゲットー・ハウス──のプロデューサー、Rashad Harden=DJラシャドが去る4月26日、シカゴのウエストサイドにて死体で発見されたという。

 DJラシャドは、シーンの勢いを象徴するようなひとりだった。彼は、2013年の春、まったく素晴らしい12インチ2枚組の「Rollin」を発表、秋にはジュークとベース・ミュージックとヒップホップとを結びつけるような野心作『Double Cup』もリリースしている。今年に入ってからは初来日もしているし、ちょうど彼の新しいシングル「We On 1」のリリースも控えていたところだった。
 あまりにも早すぎる死に、どうにも感情がついていかないが、ジューク/フットワークという、もっともフレッシュで、もっともエネルギッシュなダンス・シーンにおいて、DJラシャドの作る鮮烈な作品は、ひとつのシーンを越えて、より広く愛されていた。これからが期待されていた人なだけに本当に残念でならない。多くの人が彼をリスペクトしているし、彼の音楽をもっと聴きたかっただろう。(野田努)
 


COLUMNS