ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. R.I.P.山本アキヲ (news)
  2. ベイビー・ブローカー - (review)
  3. Wilco - Cruel Country (review)
  4. interview with Huerco S. オウテカやベーシック・チャンネルからの影響は大きいね (interviews)
  5. 石若駿 - @山口情報芸術センター(YCAM) (review)
  6. Big Thief ──ビッグ・シーフの初来日公演が決定 (news)
  7. interview with Akio Yamamoto 都会の夜のタンツムジーク (interviews)
  8. interview with Kentaro Hayashi 大阪からダークサイドの憂鬱 (interviews)
  9. Merzbow & Lawrence English - Eternal Stalker (review)
  10. Columns R.I.P. フィリップ・シーモア・ホフマン Philip Seymour Hoffman (1967-2014) (columns)
  11. Mary Halvorson - Amaryllis & Belladonna (review)
  12. Whatever The Weather - Whatever The Weather (review)
  13. Shintaro Sakamoto ──坂本慎太郎、LIQUIDROOM 18周年を記念するワンマン・ライヴが決定 (news)
  14. interview with Shintaro Sakamoto 坂本慎太郎、新作『物語のように』について語る (interviews)
  15. Julian Sartorius & Matthew Herbert - Drum Solo (review)
  16. FESTIVAL FRUEZINHO 2022 ──坂本慎太郎、cero、折坂悠太、ブルーノ・ペルナーダス、サム・ゲンデルらが出演 (news)
  17. ギーク母さんの21世紀女児カルチャー観察記 ピンクに塗れ!~現代女児のキラデコ事情~ 第4回:馬に恋する女の子たち (columns)
  18. GemValleyMusiQ - Abu Wronq Wronq (review)
  19. FEBB ──幻の3rdアルバムがリリース (news)
  20. Flying Lotus ──フライング・ロータスがニュー・シングルをリリース (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Teebs- Ardour

Teebs

Teebs

Ardour

Brainfeeder

Amazon iTunes

TOKiMONSTA

TOKiMONSTA

Midnight Menu

Art Union / Listen Up

Amazon iTunes

野田 努   Jan 10,2011 UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年のクラブ・シーンにおける大きな出来事のひとつにフライング・ロータスの『コスモグランマ』があった。『Resident Advisor』は年間ベストの2位に、礼儀正しい『TINY MIXTAPES』は"好きなアルバム50枚"の4位に、日本のインディ・ロック・キッズにもカニエ・ウェストを買わせたであろう『PITCHFORK』は14位に......、『FACT』にいたってはトップ40枚にも入らないという極端に低い扱いだが(曲がりなりにもクラブ・メディアがJJのようなアコギ系ソフト・ロックを褒めておいてあれは酷い)、僕自身も『コスモグランマ』を初めて聴いたときにはとても興奮したし、2010年のハイライトに違いないと思ったけれど、結局自分の"好きなアルバム10枚"には入らなかった。15位以内には入るけれど、たったいま聴き返してみたいという衝動には駆られない。

 理由はいくつかある。ある時期からエレクトロニック・ミュージックへの興味がジェームス・ブレイクに注がれたこと、あるいはエメラルズOPNのコズミック・ミュージックに強く魅入られてしまったこと......等々。発表された当時はよく聴いたものだが、夏以降は聴かなくなってしまった。宇宙に行きたければエメラルズを聴いたし、ビートを楽しみたければダブステップを聴いた。『コスモグランマ』は良くも悪くも古典的で、スティーヴン・エリソンに何度か取材した経験で言えば、彼はおおよそ古典主義者的な人だった。彼には良くも悪くも厳格的なところがある。そういう彼の属性を考えれば『コスモグランマ』は完璧で、エリソンの芸術的な高みに違いないとは思うのだが、実際のところ『ロサンジェルス』のラフな感覚のほうが好きなファンも多いではないのだろうか。

 ティーブスとトキモンスタ、この2枚とも2010年のリリースであり、フライング・ロータスの〈ブレインフィーダー〉まわりのトラックメイカーであり、どちらも好きなアルバムだ。2枚ともドリーミーで、際だったトゲのない穏やかな音楽と言えるし、ファンタジーめいているとも言える。ノサジ・シングといいゴンジャスフィーといい、あるいは〈ロウ&セオリー〉周辺にはサイケデリックな感性が横溢しているように思える。これに関してはトラックメイカーのみならず、〈ノット・ノット・ファン〉のようなインディ・レーベルからベスト・コーストないしはノー・エイジのような連中にいたるまでの最近の西海岸の"傾向"でもあるけれど、その基本は酩酊のための音楽だと思っている。もっとも酩酊の感覚は大衆音楽にとっては重要な要素で、Pファンクからチルウェイヴ、レゲエからアンビエント、ジャズからハウスにいたるまで銀河のように広がっている。スティーヴン・エリソンのなかの厳格さも、こうした音楽の快楽原則に逆らっているわけではない。ゆえに『コスモグランマ』も好かれたのだろう......が、同時に僕は『ミッドナイト・メニュー』と『アーダー』も気に入っている。かたや韓国系アメリカ人女性、かたや元画家によるヒップホップの夢想である。

野田 努