ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (2) (columns)
  2. 家族を想うとき - (review)
  3. Gr◯un土 - (review)
  4. Ronin Arkestra - Sonkei (review)
  5. ポスト・ミューザック考 第二回:俗流アンビエント (columns)
  6. Throbbing Gristle - D.o.A. (最終報告書) (review)
  7. Aphex Twin Live Stream - ──まるで1994年、初来日時のDJを思わせるようなセット (review)
  8. Throbbing Gristle - Greatest Hits - Entertainment Through Pain (review)
  9. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第9回 銃口の前で踊り続ける (columns)
  10. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (1) (columns)
  11. ミッドナイト・トラベラー - 監督:ハッサン・ファジリ (review)
  12. Columns マキ・ザ・マジック追悼文 ――女神にKiss ケツにKiss どっちにしても墓場で笑う (columns)
  13. Common - Let Love (review)
  14. special talk “和レアリック”対談 (interviews)
  15. interview with Kuro 自分を爆発させたい (interviews)
  16. 宇多田ヒカル × PUNPEE ──全米iTunes2位! 日本を含む9ヶ国で1位獲得 (news)
  17. Stereolab ──ステレオラブ再始動キャンペーン第三弾、00年代の2作がリイシュー (news)
  18. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  19. ジョン・ウィック:パラベラム - (review)
  20. John Corbett ──フリー・インプロヴィゼーションについての画期的入門書が翻訳、刊行記念イベントも開催 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > OGRE YOU ASSHOLE- workshop

OGRE YOU ASSHOLE

ExperimentalIndie RockKrautrock

OGRE YOU ASSHOLE

workshop

Pヴァイン

Amazon

野田努   Sep 17,2015 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライヴ盤だが、歓声はない。そういえば、トーフビーツはライヴ盤でもないのにそれを最初に持ってきていたが、OYAときたら、その真逆。ライヴ盤であるのに関わらず、熱狂を、あたかも隠蔽するかのようだ。このライヴ演奏の録音物は、現場で聴いている印象とはずいぶん違って聴こえる。
 冒頭の曲“ROPE meditation ver.”は、ライヴでは、わりとピッチが速く、クラウス・ディンガー的な、つまりノリの良いミニマル・ビートを基調に演奏される曲であり、フロアの温度を上げる曲だが、しかしどうだろう、この静かなはじまり、この地味なはじまり、渋いはじまり、ある意味寂しいはじまり、言ってしまえば孤独な姿……は。
 それはこのバンドが望んだ姿でもる。
 72〜73年ぐらいのクラスター/クラフトワーク/ノイから2015年のOYAは繫がっている。時間軸を突き抜けて、この素晴らしいアートワークが暗示するように、暗い宇宙の惑星へと着陸したのだ。
 “見えないルール”もライヴでは踊りやすい曲だ。本作においてもそのグルーヴは伝わるが、出戸学の歌詞からは、やはりどうしても「醒め」を感じないわけにはいかない。性格的なものもあるのだろうが、しかし、まあ熱いとは言えない。そして、「醒め」こそがOYAであることはいまさら言うまでもないだろう。醒めながらにして燃える……
 OYAのライヴは、いくら気持ちが高揚して、いくらフロアが沸騰しても連帯感などは、まあ生まれない。みんな勝手に盛り上がれと。そう、勝手に、だ。泣けるくらいに空しい“夜の船”……。

 このライヴ盤は、彼らにとってはひとつの節目なのだろうが、ある意味2015年を象徴しているのかもしれない。音楽に関して言えば、わりとおとなしかったこの1年。若いDJも相変わらず昔のハウスを探している。ジェイミー・XXのソロ・アルバムも、バック・トゥ・ベーシックなこの時代の産物だ。かつての高波もいまや穏やかに岸辺へと達して、ぼくたちも恐る恐るそこに近づく必要はない。
 
 だからなのだろうか、このライヴ盤では出戸学の歌がフィーチャーされているように感じる。クラウトロックは最終的に「言葉」よりも「音」だったが、OYAは「歌」も「音」もどちらも聴かせたいのだろう。ならばその「歌」は、彼らの新しいアドヴェンチャーにおいてどのような意味を持つのだろうか。
 それを知るのは楽しみでもあり、ちょっと恐くもあり……本当に、どこに向かうんだろうなぁ。とりあえずいまは、アルバムの最後から2曲目の“ROPE long ver.”の、そう、現代に生まれた“星空のドライヴ”と敢えて言おう、この曲のどこまでも目の前に広がる未知の景色にワクワクしていればいい。大丈夫、着陸したロケットにはキミも乗っている。だが、ロケットがこの先どこに向かうのかは、まだ誰にもわからない。

野田努