MOST READ

  1. Island people - Island people (review)
  2. interview with Songhoy Blues マリの夜街を照らすブルース (interviews)
  3. Bullsxxt ──牛田が泣いて牛田が暴れる、ブルシット只今アルバム録音中! (news)
  4. Alan Vega - IT (review)
  5. interview with Subarashika この素晴らしか世界 (interviews)
  6. Okada Takuro ──岡田拓郎が思考を重ねに重ね、その果てに完成させたソロ作品とは? (news)
  7. ドメニコ・ランセロッチ/Domenico Lancelotti - オルガンス山脈 (review)
  8. 電気グルーヴ - TROPICAL LOVE (review)
  9. interview with Shingo Nishinari 大阪西成人情Rap (interviews)
  10. special talk : Shota Shimizu × YOUNG JUJU 特別対談:清水翔太 × YOUNG JUJU (interviews)
  11. Random Access N.Y. vol.93:ブルックリンのインディ・ロックは死なず Pill, Bambara, Weeping icon, Hubble @Alphaville 7/15/2017 (columns)
  12. デイヴィッド・トゥープ(little fish訳) - フラッター・エコー 音の中に生きる (review)
  13. Adam Rudolph's Moving Pictures - Glare Of The Tiger (review)
  14. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  15. Loke Rahbek - City Of Women (review)
  16. Washed Out - Mister Mellow (review)
  17. interview with IO - KoolBoyの美学 (interviews)
  18. Aphex Twin ──エイフェックス・ツインが新曲“korg funk 5”を公開 (news)
  19. Father John Misty - Pure Comedy (review)
  20. Mount Kimbie ──マウント・キンビーがニュー・アルバムをリリース (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs- Feed The Rats

Album Reviews

Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs

KrautrockMetalPsychedelic RockSpace Rock

Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs

Feed The Rats

Rocket

野田努   May 17,2017 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 わかる、わかる。こうでもしてなきゃやっちゃいられない。そもそも君が音楽を選んだ理由は、それが大衆的だからという理由ではない。それが少数派の意見を代弁しているからであり、そういう意味では、ブラック・サバスのメタル・サウンドとホークウィンドのスペース・ロック、セックス・ピストルズのうねるようなグルーヴ、あるいは初期のアモン・デュールやアシュ・ラ・テンペルのサイケデリック……らを彷彿させるニューキャッスルのバンド、豚・豚・豚・豚・豚・豚・豚(Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs)の『ネズミに餌をやれ』は無視しようにも無視できない作品なのである。おおー、これはじつに激しく、おそろしく酷く、そしてぶっ壊れている。遙かかなたの闇夜より、地響きを上げながら、さあ、いかれた連中のお出ましだ。
 ピグス×7の豚は、なにゆえの豚なのだろう。ジョージ・オーウェルの描いた豚は、みんなのために一緒にがんばってると思われていた1匹が法律を書きかえ、ふと気が付けば権力的な暴君になっていく豚だった。日本で豚のメタファーといえば、愚鈍さとか、下劣さとか……動物愛護者からクレームが来てもおかしくはないものばかりだが、少なくとも狡猾な権力者というイメージはない。
 いや、ここで『動物農場』を持ち出してしまうぼくは間違ってる。音楽は社会学的註釈だけに収束されるものではない。音楽は、たとえば逃げ場を塞がれた欲望が噴出するところでもある。トリップする場所、脱落する場所、だ。音の洪水にまみれて、本気で喚き散らす場所。かつてマシュー・ハーバートは、屠殺場で殺されていく豚の一生を描いた。
 ちょうどジャングルが流行はじめの1993年に脚光を浴びたコズミック・テンタクルスを思い出さくなくもない。なにせ今年はジャングル・リヴァイヴァル&サマー・オブ・ラヴから50年。しかしピグス×7は、愛の夏ではなく、反感の夏、嫌悪のサウンドトラックだ。気になると言うのなら、2曲目の“Sweet Relief”を聴いてみよう。これでも気持ちが上がらないかい?

 UKの労働者階級が生んだロック・バンドは、ザ・ビートルズやセックス・ピストルズ、ザ・スミスやオアシスだけではない。バーミンガムの工場を背景に持つブラック・サバスもそうで、このバンドはしかもビートルズにはできなかったことのすべてをやったと評されている(大袈裟ではあるが、的外れではない)。ピグス×7はその子孫である。ある意味ベリアルとも、ヤング・エコーとも、決して遠くはない。

野田努