ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns Yves Tumor いま話題のアーティスト、イヴ・トゥモアとは何者か? (columns)
  2. Yves Tumor - Safe In The Hands Of Love (review)
  3. Aphex Twin - Collapse EP (review)
  4. tofubeats - RUN (review)
  5. Columns 坂本龍一の『BTTB』をいま聴いて、思うこと (columns)
  6. SPIRAL DELUXE ──ジェフ・ミルズ率いるエレクトロニック・ジャズ・カルテット、11月6日にライヴあり (news)
  7. interview with Cornelius 新作『Ripple Waves』を語る (interviews)
  8. interview with tofubeats 走る・走る・走る (interviews)
  9. Low - Double Negative (review)
  10. Thomas Fehlmann × The Field × Burnt Friedman ──新イベント《LIVE IN CONCERT》が始動 (news)
  11. Banksy ──バンクシーが1億5000万円で落札された自作を破壊 (news)
  12. Riton & Kah-Lo - Foreign Ororo (review)
  13. Yves Tumor ──イヴ・トゥモアが突如フル・アルバムをリリース (news)
  14. Baths / Geotic ──LAのビートメイカー、バス/ジオティックが来日 (news)
  15. interview with Yo La Tengo ヨ・ラ・テンゴ来日直前インタヴュー (interviews)
  16. 黙ってピアノを弾いてくれ - (review)
  17. Yves Tumor ──イヴ・トゥモアがニュー・シングルを発表 (news)
  18. interview with Phew 真ん中になにを置くか?──Phew、インタヴュー (interviews)
  19. Takehisa Kosugi ──50年代から現在に至る小杉武久の活動を紹介する展覧会が開催、トークや上映会も (news)
  20. KANDYTOWN ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs- Feed The Rats

Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs

KrautrockMetalPsychedelic RockSpace Rock

Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs

Feed The Rats

Rocket

野田努   May 17,2017 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 わかる、わかる。こうでもしてなきゃやっちゃいられない。そもそも君が音楽を選んだ理由は、それが大衆的だからという理由ではない。それが少数派の意見を代弁しているからであり、そういう意味では、ブラック・サバスのメタル・サウンドとホークウィンドのスペース・ロック、セックス・ピストルズのうねるようなグルーヴ、あるいは初期のアモン・デュールやアシュ・ラ・テンペルのサイケデリック……らを彷彿させるニューキャッスルのバンド、豚・豚・豚・豚・豚・豚・豚(Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs)の『ネズミに餌をやれ』は無視しようにも無視できない作品なのである。おおー、これはじつに激しく、おそろしく酷く、そしてぶっ壊れている。遙かかなたの闇夜より、地響きを上げながら、さあ、いかれた連中のお出ましだ。
 ピグス×7の豚は、なにゆえの豚なのだろう。ジョージ・オーウェルの描いた豚は、みんなのために一緒にがんばってると思われていた1匹が法律を書きかえ、ふと気が付けば権力的な暴君になっていく豚だった。日本で豚のメタファーといえば、愚鈍さとか、下劣さとか……動物愛護者からクレームが来てもおかしくはないものばかりだが、少なくとも狡猾な権力者というイメージはない。
 いや、ここで『動物農場』を持ち出してしまうぼくは間違ってる。音楽は社会学的註釈だけに収束されるものではない。音楽は、たとえば逃げ場を塞がれた欲望が噴出するところでもある。トリップする場所、脱落する場所、だ。音の洪水にまみれて、本気で喚き散らす場所。かつてマシュー・ハーバートは、屠殺場で殺されていく豚の一生を描いた。
 ちょうどジャングルが流行はじめの1993年に脚光を浴びたコズミック・テンタクルスを思い出さくなくもない。なにせ今年はジャングル・リヴァイヴァル&サマー・オブ・ラヴから50年。しかしピグス×7は、愛の夏ではなく、反感の夏、嫌悪のサウンドトラックだ。気になると言うのなら、2曲目の“Sweet Relief”を聴いてみよう。これでも気持ちが上がらないかい?

 UKの労働者階級が生んだロック・バンドは、ザ・ビートルズやセックス・ピストルズ、ザ・スミスやオアシスだけではない。バーミンガムの工場を背景に持つブラック・サバスもそうで、このバンドはしかもビートルズにはできなかったことのすべてをやったと評されている(大袈裟ではあるが、的外れではない)。ピグス×7はその子孫である。ある意味ベリアルとも、ヤング・エコーとも、決して遠くはない。

野田努