ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. R.I.P. Phil Spector 追悼 フィル・スペクター (news)
  2. interview with Bicep UKダンス・ミュージックの新たな大器、ここに登場 (interviews)
  3. What's in My Playlist 1 (columns)
  4. アルバート・アイラー没後50年、その魅力を紐解く1冊 (news)
  5. Telex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動 (news)
  6. 環ROY - Anyways (review)
  7. ギーク母さんの21世紀女児カルチャー観察記 ピンクに塗れ!~現代女児のキラデコ事情~ 第4回:馬に恋する女の子たち (columns)
  8. Theo Parrish - Wuddaji (review)
  9. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  10. Jesu - Terminus (review)
  11. R.I.P. 南正人 (news)
  12. まさかのTR-808をモチーフにした画期的児童書 (news)
  13. Outro Tempo II ──ブラジルの埋もれた電子音楽などにフォーカスしたコンピ、続編がCD化 (news)
  14. コロナ時代だからこそ読みたい刺激的な本 (news)
  15. R.I.P. MF DOOM 追悼 MFドゥーム (news)
  16. Jahari Massamba Unit - Pardon My French (review)
  17. R.I.P. Sylvain Sylvain 追悼 シルヴェイン・シルヴェイン (news)
  18. interview with Sleaford Mods アップデートする、21世紀のモッズ (interviews)
  19. interview with Young Marble Giants たった1枚の静かな傑作 (interviews)
  20. 音楽が聴けなくなる日 - 宮台真司、永田夏来、かがりはるき(著) (review)

Home >  Reviews >  合評 > Fla$hBackS- FL$8KS

合評

Fla$hBackS- FL$8KS

FL$Nation & Cracks Brothers.Co,Ltd

Mar 19,2013 UP 中里 友巻紗葉 a.k.a. KEY中里 友巻紗葉 a.k.a. KEY中里 友巻紗葉 a.k.a. KEY
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12

REFUGEE MARKETの空気感 文:巻紗葉 a.k.a. KEY

Fla$hBackS
FL$8KS

FL$Nation & Cracks Brothers.Co,Ltd

Amazon iTunes

 わたしがFebb a.k.a. Young Masonの存在を知ったのは、確か2年前に池袋bedで行われたREFUGEE MARKETだった。中は相変わらずの盛況ぶりで人ごみが苦手なわたしは友人とともに、入口の前でおしゃべりをしていた。そのとき、Febbというまだ非常に若いがラップもトラックも作る少年がいるということを教えてもらった。じつはそのときにKID FRESINOの話も聞いていたが、友人は彼を本名の名字で読んでいたため、つい最近までその人物がKID FRESINOであるということを知らなかった。

 日本においては縮小の一途を辿るヒップホップ業界だが、まだ20歳にも満たない少年たちがトラックメイキングやラップをしているという事実が単純に面白かったので、彼らの存在はずっと頭の片隅に残っていた。そして昨年が終わろうとしている頃、FebbがjjjとKID FRESINOとともにFla$hBackSというグループを結成し、『FL$8KS』というアルバムをリリースするということで早速音源を入手した。一聴してなるほど、わたしが彼らの存在をどこでもないREFUGEE MARKETで知ったのはある種の必然であったんだな、と気付いた。ソウルフルなネタ使いをベースにゆったりとした横揺れの"Fla$hBackS"や、ブラックスプロイテーションを想起させるファンキーな"2014"など、そこから感じさせられるのは前述のREFUGEE MARKETの空気感だった。もっと言えば、ISSUGI、Mr.PUG、仙人掌、16FlipからなるMONJUなのだ。もちろん彼らがMONJUの猿真似であるということではなく、Fla$hBackSはDOWN NORTH CAMPのクルーがREFUGEE MARKETという現場を通じて行ってきた良質なヒップホップの根を絶やさない活動から産まれたひとつの成果であるということだ。

 アメリカン・ハードロックを思わせるギター・ソロをユニークな感覚で切り取り、アッパーなブラック・ミュージックに組み替えてしまった"Cowboy"(タイトルも人を舐めているような不敵さがあっていい)などから感じさせるセンスは、彼らがただフレッシュであるだけで注目されているわけではないことの証明だろう。

 ただひとつだけ苦言を述べるのであれば、それはパンチラインの少なさかもしれない。このアルバムを象徴するような力強いワンパンチがあれば、この作品の価値はさらに上がったことだろう。しかしそれも彼らの年齢を考えれば、まだまだ心配するようなことでもない気もするが。本作とISSUGIの大傑作アルバム『EARR』と聴き比べるのも面白いかもしれない。


文:巻紗葉 a.k.a. KEY

»Next 中里 友

12

RELATED

JJJ- HIKARI FL$Nation / AWDR/LR2

Reviews Amazon iTunes

jjj- YACHT CLUB FL$Nation / AWDR/LR2

Reviews Amazon iTunes

FEBB- The Season Pヴァイン/ WDsounds

Reviews Amazon iTunes