MOST READ

  1. interview with tofubeats インターネットの憂鬱 (interviews)
  2. YPY - 2020 (review)
  3. Moan - Shapeless Shapes (review)
  4. Wayne Snow - Freedom TV (review)
  5. Mount Eerie - A Crow Looked At Me (review)
  6. すばらしか ──キングブラザーズが大絶賛するバンド、すばらしかが初の全国流通盤をリリース (news)
  7. Burial ──ブリアルがニュー・シングルをリリース (news)
  8. 能地祐子×萩原健太「米国音楽好きのためのクラシック音楽入門」 (news)
  9. Cornelius ──2017年前半のクライマックス、コーネリアスの新境地を聴け! (news)
  10. yahyel - ──この一風変わった名前のバンドをきみはもう知っているか? ヤイエルが500枚限定の初CD作品をリリース (news)
  11. 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ - (review)
  12. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  13. ブレイディみかこ──新刊『いまモリッシーを聴くということ』、いよいよ刊行します! (news)
  14. special talk : tofubeats × Yoshinori Sunahara - 音楽を止めないで! (interviews)
  15. interview with IO - KoolBoyの美学 (interviews)
  16. Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs - Feed The Rats (review)
  17. ブレイディみかこ、5/18&25にTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」出演! (news)
  18. Columns Tofubeats × Para One - これから最高と呼ばれる音楽 (columns)
  19. Children Of Alice - Children Of Alice (review)
  20. interview with Carl Craig僕は軍の補佐官だった (interviews)

Home >  Reviews >  合評 > Fla$hBackS- FL$8KS

合評

合評

Fla$hBackS- FL$8KS

FL$Nation & Cracks Brothers.Co,Ltd

Mar 19,2013 UP 中里 友巻紗葉 a.k.a. KEY
このエントリーをはてなブックマークに追加
12

REFUGEE MARKETの空気感 文:巻紗葉 a.k.a. KEY

Fla$hBackS
FL$8KS

FL$Nation & Cracks Brothers.Co,Ltd

Amazon iTunes

 わたしがFebb a.k.a. Young Masonの存在を知ったのは、確か2年前に池袋bedで行われたREFUGEE MARKETだった。中は相変わらずの盛況ぶりで人ごみが苦手なわたしは友人とともに、入口の前でおしゃべりをしていた。そのとき、Febbというまだ非常に若いがラップもトラックも作る少年がいるということを教えてもらった。じつはそのときにKID FRESINOの話も聞いていたが、友人は彼を本名の名字で読んでいたため、つい最近までその人物がKID FRESINOであるということを知らなかった。

 日本においては縮小の一途を辿るヒップホップ業界だが、まだ20歳にも満たない少年たちがトラックメイキングやラップをしているという事実が単純に面白かったので、彼らの存在はずっと頭の片隅に残っていた。そして昨年が終わろうとしている頃、FebbがjjjとKID FRESINOとともにFla$hBackSというグループを結成し、『FL$8KS』というアルバムをリリースするということで早速音源を入手した。一聴してなるほど、わたしが彼らの存在をどこでもないREFUGEE MARKETで知ったのはある種の必然であったんだな、と気付いた。ソウルフルなネタ使いをベースにゆったりとした横揺れの"Fla$hBackS"や、ブラックスプロイテーションを想起させるファンキーな"2014"など、そこから感じさせられるのは前述のREFUGEE MARKETの空気感だった。もっと言えば、ISSUGI、Mr.PUG、仙人掌、16FlipからなるMONJUなのだ。もちろん彼らがMONJUの猿真似であるということではなく、Fla$hBackSはDOWN NORTH CAMPのクルーがREFUGEE MARKETという現場を通じて行ってきた良質なヒップホップの根を絶やさない活動から産まれたひとつの成果であるということだ。

 アメリカン・ハードロックを思わせるギター・ソロをユニークな感覚で切り取り、アッパーなブラック・ミュージックに組み替えてしまった"Cowboy"(タイトルも人を舐めているような不敵さがあっていい)などから感じさせるセンスは、彼らがただフレッシュであるだけで注目されているわけではないことの証明だろう。

 ただひとつだけ苦言を述べるのであれば、それはパンチラインの少なさかもしれない。このアルバムを象徴するような力強いワンパンチがあれば、この作品の価値はさらに上がったことだろう。しかしそれも彼らの年齢を考えれば、まだまだ心配するようなことでもない気もするが。本作とISSUGIの大傑作アルバム『EARR』と聴き比べるのも面白いかもしれない。


文:巻紗葉 a.k.a. KEY

»Next 中里 友

12