ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nick Cave ──コロナ時代における態度、ニック・ケイヴの場合 (news)
  2. interview with Thundercat 悲しみの先のフュージョン (interviews)
  3. Aphex Twin ──エイフェックス・ツインが現在の状況を警告 (news)
  4. David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 (news)
  5. Random Access N.Y. vol.125 NYシャットダウン#3 (columns)
  6. PANICSMILE - REAL LIFE (review)
  7. AJATE - ALO (review)
  8. Columns Playlists During This Crisis この非常事態下における家聴きプレイリスト (columns)
  9. Politics コロナ恐慌を機に高まった「政府は金を出せ」の声 (columns)
  10. Columns King Krule キング・クルール最新作が宿す乾きの秘密 (columns)
  11. Moment Joon - Passport & Garcon (review)
  12. Random Access N.Y. VOl.124 NYシャットダウン#2 (columns)
  13. NYをはじめ、各地でオンライン・フェスやライヴ・ストリーミングが開催 (news)
  14. 吉田アミ - 虎鶫(とらつぐみ) (review)
  15. COM.A ──パンク精神あふれるIDMの異端児が13年ぶりの新作をリリース (news)
  16. The Drums - Summertime! (review)
  17. Thundercat ──延期になっていたサンダーキャット来日ツアーの振替日程が決定 (news)
  18. R.I.P. Gabi Delgado(ガビ・デルガド) (news)
  19. Random Access N.Y. vol.124 NYシャットダウン#2 (columns)
  20. VIVA Strange Boutique ──東京の奥沢で売られているクリス&コージーのTシャツが格好いいです (news)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Dancehall- Raime - Reel Torque: Volume 13, …

Dancehall

Dancehall

Raime - Reel Torque: Volume 13, Our Versions Of Their Versions

Reel Torque

Disc Shop Zero

野田努   Feb 09,2017 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 しっかし、なんでUKのゴシック/インダストリアルはダンスホールを目指す──のかね。まさかのRaimeまでもがダンスホールですよ。しかも90分カセットテープ。カセットは買わないと心に決めていたのだけれど、これには逆らえなかったです、下北沢ZEROにて購入。
 Raimeのファーストが大好きで、しかし昨年のセカンドのときには関心は失せていて、それでYally名義のEPはつまらなかったと三田さんから聞いて、自分のなかではもう終わっていたのだけれど、ダンスホールというキーワードに負けた。
 ここには、ジャマイカのパパ・サンやスーパーキャットといった大物MCのトースティング、あるいは80年代から90年代初頭にかけて一時代を築いたスティーリー&クリーヴィーのプロダクションをはじめとする28のリディムがカット&ミックスされている。これらの音源はその当時、まあたとえば日本でも大人気で、売れていたし、美容院でドレッドヘアにした女性がダンスするほどファッショナブルでもあったし、そのイメージするところは薄暗い墓場ないしは丘の上の古城からは1億光年離れていた。それがなんということか、2017年に〈ブラッケスト・エヴァー・ブラック〉系の新たな展開としてなんの違和感もなく、むしろその延長線上で聴けてしまうとは……。デムダイク・ステアの新作ほど実験的ではないが、これはいまUKのゴシック/インダストリアルにダンスホールというキーワードがあることを決定的に知らしめている。
 時代への深い疑問を抱えながら、暗闇のなかに見えるモノを追い求めていたらジャマイカに到着。面白いから聴いているけど、本当にどういうことだろうね。ロンドンの高橋勇人に「これ買ったぞ~」と自慢したら、彼も買っていやがった、デッキがないクセに。大量生産に反したゴシックよろしく限定版なので早い者勝ちですから。

野田努