ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. The 1975 - A Brief Inquiry Into Online Relationships (review)
  2. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  3. Merzbow - Monoakuma (review)
  4. Paulius Kilbauskas - Elements (review)
  5. FEBB ──昨年逝去したラッパー FEBB の一周忌に、追悼イベント《STILL SEASON》が開催 (news)
  6. interview with Gang Gang Dance ギャング・ギャング・ダンス来日直前インタヴュー (interviews)
  7. STUMM433 ──デペッシュ・モードやニュー・オーダーまで、50組以上のアーティストが「4分33秒」をカヴァー (news)
  8. Phony Ppl ──ジ・インターネットと並び称されるNYのソウル・バンド、フォニー・ピープルの新作がリリース (news)
  9. On-U Sound ──コンピ・シリーズ《Pay It All Back》の最新作が3月にリリース (news)
  10. ともしび - / サンセット - 監督・脚本:ネメシュ・ラースロー
    出演:ユーリ・ヤカブ『サウルの息子』、ヴラド・イヴァノフ『エリザのために』 ほか
    2019/ハンガリー、フランス/カラー/ハンガリー語、ドイツ語/142分
    (review)
  11. Eartheater - IRISIRI (review)
  12. Big Joanie - Sistahs (review)
  13. 山口美央子 - トキサカシマ (review)
  14. Allysha Joy - Acadie : Raw (review)
  15. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  16. 彼女は頭が悪いから - 姫野カオルコ (review)
  17. ZULI - Terminal (review)
  18. interview with Laraaji ニューエイジの伝説かく語りき (interviews)
  19. BOOMBOX&TAPES ──カセットテープ愛好家に送る豪華なジンが創刊 (news)
  20. Mike - War in My Pen (review)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Aphex Twin- Computer Controlled Acoustic Ins…

Aphex Twin

Techno

Aphex Twin

Computer Controlled Acoustic Instruments Pt 2

Warp / ビート

Tower HMV Amazon iTunes

三田格   Mar 06,2015 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 だいぶ前にユーチューブで観たDJセットは“ウインドウリッカー”をクライマックスに配置したもので、スタートからBPMが遅く、いってみれば“ポリゴン・ウインドウ”をスローにしたような曲が前半の多くを占めていた。『ele-king vol.14』で予告されていた新作はその頃につくられたのではないかと思う曲が並べられ、これを聴いているとどうしても「ウインドウリッカー」が聴きたくなってくる。“ウインドウリッカー”が例の映像とセットで放っていた雰囲気とはまったく異なった曲に聴こえるのはいうまでもなく、かつて“ディジェリドゥー”が時代とともにどんどんちがう曲に聴こえていったことも併せて思い出されてくる(エイフェックス・ツインの初来日DJで、彼が“クォース”を何度もBPMを変えてプレイし、そのことごとくがすべて異なって聴こえたこともいまさらのように思い出した)。

 一方で、このEPには彼がミュージック・コンクレートを追求していた時期のなごりも強く反映されている。ヤニス・クセナキス『エレクトロ-アクースティック・ミュージック』(1970)を思わせるタイトルしかり、そうした種類の発想を随所で取り入れながら、あくまでもベースによってクラブ・ミュージックに着地点を見出していることも明らかだろう。さらにはいくつかのドラミングでワールド・ミュージックへの関心も露わにしている(偶然、そのように聞こえるだけかとも思ったけれど、エンディングでは明らかにマリの楽器バラフォンが一瞬だけサンプリングされている。『ele-king vol.14』のインタヴューでガンツがトルコ出身だということに過剰に反応していた理由がわかったというか)。ミュージック・コンクレートの追求は、少なくとも発表された音源を通じては一時期接近しただけで、ほどなくして離れたのかと思っていたけれど、彼の興味が持続していたことがわかり、これにワールド・ミュージックを掛け合わせてしまうというのは、やはり彼が時代の編集者として優れていることを示している(『サイロ』ライナーノーツ参照)。少なくともリリースのタイミングに関しては天才的な勘を発揮していると思う。

『サイロ』がリリースされた直後、リチャード・D・ジェイムズは「モジュラー・トラックス」と題されたアルバムをフリーで公開した(後に削除。リンクが切れてなければhttps://www.youtube.com/watch?v=0tnh9cbuRBEに転写されている)。また、このEPがリリースされた直後には「user48736353001」の名義で最初は59曲、1月30日の時点では110曲の未発表曲がアップされている。なかには“レッド・カルクス”や“AFXオリジナル・テーマ、さらにはルーク・ヴァイバートの曲を変名でリミックスして話題になった“スパイラル・ステアケース”など聞き捨てならない曲もけっこうあるし、正規盤のリリースと同時になんだかよくわからない名義を駆使して、ぐちゃぐちゃといろんな音源をリリースしまくった90年代の自己イメージが繰り返されていることは明らかだろう。リスナーとの距離感がいつもこの人はどうもおかしい。

 ランダムにアップされた「モジュラー・トラックス」や「user48736353001」との対比で聴くと、新たなEPが1枚の作品としてどれだけ入念にまとめあげられているかがよくわかる。『ポリゴン・ウインドウ』をビート・ダウンさせたものだと冒頭では書いたけれど、「ウインドウリッカー」から『ドラックス』に至る過程のなかで完成できなかったものがここではかたちになっているのではないだろうか。「Pt 2」と題された意味もここにあるような気がして仕方がない。

三田格