ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Sleaford Mods アップデートする、21世紀のモッズ (interviews)
  2. Various - This Is Cairo Not Screamers (review)
  3. Various - Sharpen, Moving (review)
  4. アルバート・アイラー没後50年、その魅力を紐解く1冊 (news)
  5. Pa Salieu - Send Them To Coventry (review)
  6. STICKY - Where's My Money (review)
  7. Madlib × Four Tet ──マッドリブとフォー・テットのコラボ作品がリリース (news)
  8. The KLF──映画『暗黒時代へようこそ』 (news)
  9. R.I.P. MF DOOM 追悼 MFドゥーム (news)
  10. Mary Halvorson's Code Girl - Artlessly Falling (review)
  11. SAULT - Untitled (Black Is) / SAULT - Untitled (Rise) (review)
  12. Adrianne Lenker - songs and instrumentals (review)
  13. Thundercat & Squarepusher ──来日公演、再延期のお知らせ (news)
  14. Sleaford Mods ──現在イギリスのメディアからこれほど好かれているバンドは他にいないだろう(スリーフォード・モッズの新作情報) (news)
  15. Nothing - The Great Dismal (review)
  16. SCARS ──復活が話題のSCARS、オフィシャルTシャツが限定発売! (news)
  17. What's in My Playlist 1 (columns)
  18. Moor Mother & Billy Woods ──ムーア・マザー新作はアンダーグラウンド・ヒップホップの雄、アーマンド・ハマーのビリー・ウッズとの共作 (news)
  19. interview with Sleaford Mods(Jason Williamson) UKのジョーカー(つまり現時点での最強カード) (interviews)
  20. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)

Home >  Reviews >  Album Reviews > パソコン音楽クラブ- DREAM WALK

パソコン音楽クラブ

ElectroHouseJ-Pop

パソコン音楽クラブ

DREAM WALK

Pasocom Muisc Club

Amazon

野田努   Oct 04,2018 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パソコン音楽クラブ、情報デスクVIRTUALではないしMacintosh Plusでもない。新手のヴェイパーウェイヴではない。前期YMOや80年代エレ・ポップの現代解釈版。ダフト・パンクからの影響もあるんじゃないのかな。しかし、不思議と懐古主義的には聴こえない。トーフビーツから教えてもらった関西の若手有力株。ようやくCD買ったでぇ~。
 はじまりはベッドルーム。ストリートにありがちな人間関係の面倒くさいしがらみはない。オンライン文化の暗闇(アイロニー、シニシズム、憎しみ、悪意)だってスイッチをオフにすればいいだけ。お、可愛い犬もいるんだね。

 パソコン音楽クラブはトーフビーツのフォロワーではない。水曜日のカンパネラの強力なライヴァルというわけでもない。そもそもこの音楽は力んでいない。気取ってはいるが、まわりを意識しているようには思えない。“OLDNEWTOWN”は、トーフビーツの“NEWTOWN”へのアンサーではないのだろう。同じメランコリーでも出し方がまったく違う。前者は、軽い。後者が重たいわけではないのだけれど、パソコン音楽クラブのメランコリーはさっと通り過ぎていく、跡形も残さずに。あ、いま通った? という感じで、ちょっと清々しい。
 ジャケットのアートワークは、「水星」へのオマージュにも受け取れるし、ジェントリフィケーション時代の申し子である自らを表しているのかもしれない。記憶だけがカラフルな、この殺伐としながらも恍惚な風景。好むと好まざるとに関わらず、ぼくたちが暮らしているお馴染みの世界。ザ・スリッツの“NEWTOWN”から39年、NEWTOWNというNEWではない街。
 ぼくもRX17持ってました。リアルタイムで。ダサい音なんだよね、これが。とはいえ、パソコン音楽クラブは「昨日」の音ではない。だからといって「明日」の音でもない。いくぶん感傷的だが、これは「現在」の音なのだ。“Inner Blue”で歌われるようにそれは「終わらない夜」、つまり、ただただ陶酔したいという願い。“Beyond”という最後の曲は夢の時間のはじまりだ。そう、チルウェイヴであれチル&Bであれ、ミニマルであれアンビエントであれ、アンダーグラウンドであれオーヴァーグラウンドであれ、これこそ今日のポップの奔流に通底するもの。パソコン音楽クラブ、今後の活躍が楽しみ。
 

野田努