ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. What's in My Playlist 4 今月聴いた音楽と余談 (columns)
  2. Throttle Elevator Music - Final Floor (review)
  3. 食品まつり a.k.a foodman が〈Hyperdub〉と契約!! (news)
  4. Aaron Cupples - Island Of The Hungry Ghosts (OST) (review)
  5. Godspeed You! Black Emperor - G_d's Pee AT STATE'S END! (review)
  6. My Bloody Valentine ──マイ・ブラッディ・ヴァレンタインが NTS Radio 10周年企画でキュレイターを担当 (news)
  7. interview with Tune-Yards チューン・ヤーズが語る、フェミニズム、BLM、トランプ、アリエル・ピンク…… そしてこの社会に希望はあるのか (interviews)
  8. What's in My Playlist 1 (columns)
  9. Seefeel ──シーフィールのリイシュー・プロジェクトが始動、完全未発表曲も (news)
  10. What's in My Playlist 3 久しぶりにCDを買った。 (columns)
  11. Lost Girls - Menneskekollektivet (review)
  12. Fishmans ──フィッシュマンズの映画、夏公開決定! (news)
  13. Meemo Comma - Neon Genesis: Soul Into Matter² (review)
  14. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  15. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  16. R.I.P. 南正人 (news)
  17. What's in My Playlist 2 僕の中のAriel Pink (columns)
  18. Columns 日本語ラップ最前線 ──2019年の動向から占う日本のヒップホップの現在(前編) (columns)
  19. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  20. My Bloody Valentine ──ストリーミング配信・ダウンロード販売が解禁、5月にはCDとLPでも再発 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Laura Cannell- The Sky Untuned

Laura Cannell

Laura Cannell

The Sky Untuned

Brawl Records

Bandcamp

ExperimentalModern Classical

Laura Cannell, Polly Wright

Laura Cannell, Polly Wright

Sing As The Crow Flies

Brawl Records

Bandcamp

Avant Folk

野田努   Aug 16,2019 UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この夏の切ない思いはたとえばこんな感じだろう。それを表現するのに複雑なプログラミングもそれらしい言葉も要らない。ヴァイオリンひとつあれば、こんなにも突き刺すような音楽を奏でることができる。ローラ・キャネルの『The Sky Untuned』、すなわち「チューニングされていない空」という素晴らしいタイトルのアルバムを聴いてそう思った。

 もっともこのアルバムは今年の春先にリリースされたもので、「天球の音楽」をコンセプトに作られている。ローラ・キャネルはイングランドはノリッジという古い街並みが残る街を拠点に活動しているヴァイオリン奏者で、じっさい彼女は荒廃した古い教会(の反響を利用して)レコーディングしている。その音楽はときに“中世的”と形容されているわけだが、シーンとは言えないまでも、イングランドの田舎の土着性を掘り起こすリチャード・ドーソンやハーブ奏者のエイン・オドワイヤー(このひとはアイルランド出身だが)のように、最近は都会とは距離を保ち、近代以前と現代とを往復するアヴァン・フォークとでも呼べそうなスタイルがUKでは目につくようになった。
 そもそも「天球の音楽」というコンセプトが中世ヨーロッパのものと言える。それは宇宙はじつは音楽を奏でていると、天体の運行と音楽とを結びつける考え方だ。ローラ・キャネルはそれを彼女のヴァイオリンで表現する。つまりこれは一種のスペース・ミュージックなのである。

 が、それは決してプラネタリウムで流れるようなロマンティックな音楽ではない。「チューニングされていない空」は、必ずしも牧歌的な欲望を満たす作品ではない。アルバムには張り詰めた緊張感と深いメランコリーがあり、エレガントで美しくあるが同時に破壊的でもあり、音は「アンチューンド=不協和」へと展開する。この温暖化、異常気象、ボリス・ジョンソンが首相になるくらいだからむべなるかなである。
 ……なんてまあそういうことではないのだが、しかし想像してみてほしい。たとえば披露宴かなんかで、ヨーロッパの綺麗な庭園にひとびとがいると。ひとりのヴァイオリン弾きがそこにいて演奏をはじめる。最初はその美しい音色にうっとりしていた人びとだが、演奏の途中で席を立つひともちらほら現れ、そして最後まで聴いていたひとの目には哀しみの涙が流れていると。
  アルバムには笛を演奏した曲もあり、多重録音もしているが、1曲のなかに複数の楽器を使わないことは徹底されている。そしてちょうどつい最近、彼女にとって初のヴォーカル・アルバム(ポリー・ライトとの共作)『Sing As The Crow Flies』がリリースされた。

野田努