ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Black Midi ロンドンの新世代ロック・バンド、クラシックについて語る (interviews)
  2. black midi ──ブラック・ミディ続報です (news)
  3. interview with Squarepusher スクエアプッシャー、原点を語る (interviews)
  4. BLAHRMY ──MILES WORD と SHEEF THE 3RD によるユニット、9年ぶりのアルバムをリリース (news)
  5. Loraine James - Reflection (review)
  6. Damon Locks & Black Monument Ensemble ──シカゴのヴェテラン、デイモン・ロックス率いる現代ジャズの力作 (news)
  7. Black Midi - Cavalcade (review)
  8. R.I.P. Yoshi Wada (news)
  9. The Smile ──トム・ヨーク、ジョニー・グリーンウッド、トム・スキナーによる新バンドが始動 (news)
  10. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第4回 愛と生存ンンン……。 (columns)
  11. interview with TwiGy さ、みんなききなっよ! (interviews)
  12. KMRU - Logue (review)
  13. Ryuichi Sakamoto & David Toop ──坂本龍一とデイヴィッド・トゥープの共演盤がリリース (news)
  14. black midi ──ブラック・ミディのジャパン・ツアーの詳細が決定 (news)
  15. Brainstory ──クルアンビンのファンは注目。世界を救えるのはブレインストーリーしかいない!? (news)
  16. Khalab And M'berra Ensemble - M'berra (review)
  17. interview with Sons Of Kemet 我が黒きコスモロジー (interviews)
  18. Seefeel - Rupt + Flex 94 ― 96 (review)
  19. 梅雨のサウンドパトロール - (review)
  20. Columns Squarepusher 9 Essential Albums スクエアプッシャーはこれを聴け! (columns)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Moment Joon- Passport & Garcon

Moment Joon

Hip Hop

Moment Joon

Passport & Garcon

GROW UP UNDERGROUND

Amazon iTunes

大前至高島鈴   Apr 01,2020 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
E王
12

大前至

他人事として聞き流すのか、共鳴することはできるのか?

 韓国出身で現在、大阪を拠点に活動しているラッパー、Moment Joon。これまで日本人の親を持ちながら海外で生まれ育った、いわゆる帰国子女のラッパーや、あるいは国籍としては日本人ではないものの、幼少から日本で育ってネイティヴな日本語でラップするラッパーというのは少なからず存在している。しかし、大学への進学を機に韓国から日本へ移住したという Moment Joon の場合はそのどちらにも属しておらず、(本人曰く)「移民者」ラッパーという非常に稀な立ち位置で、日本のヒップホップ・シーンにてその存在感を強烈に示している。日本では留学生という立場ではあるものの、ビザ取得の面など自由に平穏に滞在すること自体も容易なことではなく、また、日本での日常生活の中で直接的な人種差別も受け、その一方で韓国の成人男性にとっては国民の義務である兵役中には自殺を考えるほどの苦しい思いをするなど、彼がこれまでの人生で経験してきた様々な苦労は、大半の日本人にとっては想像することすら難しいことかもしれない。しかし、そんな彼だからこそ表現できるトピックを、日本語ラップという手法の中で見事なエンターテイメントとして昇華させているのが、彼の 1st アルバムである『Passport & Garcon』だ。

 アルバムの幕開けとなる “KIX” ではタイトルが示す通り、関西国際空港(=KIX)での Moment Joon 自身の実体験が再現されており、彼にとっては入国審査ひとつ取っても、通常の日本人とは全く異なることがよく判る。この曲に限らず、本作で重要なのは、彼の体験やメッセージを他人事として聞き流してしまうのか、あるいは何らかの共鳴をすることができるのか? それは彼の存在や言葉を「外」からものとして捉えるか、あるいは「内」として捉えるかと言い換えてもよいかもしれない。もし前者であるならば、本作を聴く資格はないとまでは言わないが、しかし、作品が持つ意味が全く違うものになってしまうだろう。

 また、Moment Joon は韓国語、日本語、英語のトライリンガルであるが、本作のリリックはそのほとんどが日本語であり、韓国語と英語はごく少量のみ(そして実に効果的に)使われているのみだ。彼の日本語はほぼネイティヴスピーカー並みであるが、僅かな発音のクセが彼の放つ言葉に個性という輝きを与え、一つの魅力にもなっている。その上で、彼が移民者としての立場から、日本という国や社会、日本人に対して発するストレートなメッセージは、痛いくらいに辛辣であったり、時には挑発するような過激な表現が含まれていたりもする。それこそ、ここまでコンシャスなアルバムは昨今の日本語ラップでは珍しいくらいだ。そして、その先にあるのは、彼が現在住んでいる日本への愛と希望であり、さらに彼自身が属する日本のヒップホップ・シーンへの強い思いも感じとることができる。ラストに収録されている先行シングル曲 “TENO HIRA” はその集大成とも言える一曲であり、ぜひ、リリックを一つ一つ噛み締めながら聞いて欲しいが、個人的にも、日本語ラップでこんなに心が揺さぶられた経験は久しぶりだ。

 最後に、作品としてこのアルバムをより豊かなものにしているのが、一つは Hunger (Gagle)と Justhis という日韓二人のゲスト・ラッパーであり、もう一つは全てのトラックを手がけているプロデューサー、NOAH の存在だ。美しく透明感もあり、そして様々な感情を引き出す NOAH が作り出すトラックによって、アルバムとしての統一したカラーが見事に作り上げられ、Moment Joon の伝えたいメッセージに一つの明確な道筋を与えているようにも感じる。澁谷忠臣氏がデザインを手がけたカバーも含めて、必要最小限のミニマルな構成で作り上げたからこその、見事なアート作品と言えよう。

12

RELATED

MOMENT JOON- Immigration EP GROW UP UNDERGROUND

Reviews iTunes