ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. JME - Grime MC (review)
  2. Four Tet ──フォー・テットがニュー・アルバムをリリース (news)
  3. Yaporigami ──山梨出身ベルリン在住の電子音楽家が〈Virgin Babylon〉より新作を発表 (news)
  4. Jagatara2020 ──復活目前のじゃがたら、ライヴ会場先行販売ほか店舗限定特典&パネル展の開催が決定 (news)
  5. interview with Jeff Paker 話題作『The New Breed』のメンバーとの来日ライヴ直前スペシャル (interviews)
  6. Carl Michael Von Hausswolff - Addressing The Fallen Angel (review)
  7. Vladislav Delay ──ヴラディスラフ・ディレイがニュー・アルバムをリリース (news)
  8. φonon ──佐藤薫主宰の〈フォノン〉が新たに2作品をリリース (news)
  9. Columns 「ハウスは、ディスコの復讐なんだよ」 ──フランキー・ナックルズの功績、そしてハウス・ミュージックは文化をいかに変えたか (columns)
  10. 漢 a.k.a. GAMI監修『MCバトル全書』 ――名バトルからあの事件の裏側まで、現行ジャパニーズ・ヒップホップシーンのリアルがわかる『MCバトル全書』が発売中 (news)
  11. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 後編:進化する現代のレイヴ・カルチャー (columns)
  12. Oli XL - Rogue Intruder, Soul Enhancer (review)
  13. Jeff Parker ──ジャズ・ギタリストのジェフ・パーカーが新作をリリース (news)
  14. パラサイト 半地下の家族 - (review)
  15. Sefi Zisling - Expanse (review)
  16. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  17. Jagatara2020 ──80年代バブル期の日本に抗い、駆け抜けた伝説のバンド、じゃがたらが復活! (news)
  18. Columns tiny pop sound cloudガイド (columns)
  19. Stormzy - Heavy Is The Head (review)
  20. Nick Cave and The Bad Seeds - Ghosteen (review)

Home >  Reviews > 七尾旅人×やけのはら- Rollin' Rollin'

七尾旅人×やけのはら

七尾旅人×やけのはら

Rollin' Rollin'

P-Vine

Amazon iTunes

水越真紀   Dec 15,2009 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加
E王

 4つのリミックスを加えたかわいいファンク集。意外な組み合わせと思ったが、ふたりは以前からの友人同士という。たしかふたりとも、清志郎ファンじゃなかったかな。

 何気ないラヴ・ソングといえばラヴ・ソング。けれども清志郎の歌みたいに"彼女"の形が前面に出てくるようなものでなく、街という背景があって、僕と恋人が絡みあってそこを転がっていく。レコードが回り、グルーヴがすべてのふたりきりの世界であって、同時にふたりを飲み込もうとする世界(「運命」)がある。直接ふたりを搾取するわけではない、もっとその茫漠とした、ふたりの、僕の、不安や不幸も幸福も否応なくそこと関らざるを得ない世界への意識がある。たぶんそういうところが、清志郎のラヴ・ソングとは違うところではないか。けれども、にもかかわらず、僕もふたりも幸福そうで、ストリート・カルチャーを通過した以降のごく普通の感覚のようにも思える。

 「朝よ来ないで」という"最後のつぶやき"は決して適うことはないけれど、そのつぶやきこそふたつの世界の拮抗点だ。「朝よ来ないで」。このつぶやきを何度感じたことだろう。最終電車が入口となる、たとえば朝がきたからといって行くべき場所なんかない人間たちの世界ののんきさと寂寥感と不安と快楽に満ちた"幸せ"な時間はいつもすぐに終わって朝が来て、朦朧としながら重い足を持ち上げ駅の階段をもういち度登る。数年前に感じていた、社会と接点がないという接点というような感覚が、ストリートにはあったように感じていた。私はその空気がとても好きだった。その好きだった空気が、やけのはらの少し拙いようなだるいようなラップもふくめて、"Rollin' Rollin'"にはある。たとえばそれは、フィッシュマンズの"新しい人"とはまた違う夜明けの迎え方なのだ。

 リミックスのメンツは、複雑なリズムが出色のCherry Boy Function、せわしなさが刹那的な切なさを煽るようなSKYFISH、うってかわって川辺ヒロシのレイト・サマー・フィールド・ミックスがその際限のない終わらなさを問いかける。ラストはオリジナルのアレンジも担当したDollianのゆったりしたドラムンベース。同じ曲が5回も繰り返されること自体が歌詞の言葉とも絡みあっているかのよう。

 いちばん好きなこのフレーズを返したい――「Rollin' Rollin' 回り続ける 君(たち)のかわいい考えが Oh Sorry Darlin' 君と二人 坂を登り 坂を下る」。

TrackList

  1. 1. Rollin' Rollin'
  2. 2. Rollin' Rollin' (Cherryboy Function Remix)
  3. 3. Rollin' Rollin' (SKYFISH Remix)
  4. 4. Rollin' Rollin' (Hiroshi Kawanabe Late Summer Field Mix)
  5. 5. Rollin' Rollin' (ドリアンの終わらないアーバンソウル)

水越真紀