ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Leo Svirsky - River Without Banks (review)
  2. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  3. Aphex Twin ──エイフェックス・ツイン最新公演のライヴ・ストリーミングが決定 (news)
  4. interview with (Sandy) Alex G 塩と砂糖の誘惑 (interviews)
  5. interview with Kindness 音楽である必要すらないんです (interviews)
  6. Freddie Gibbs & Madlib - Bandana (review)
  7. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  8. interview with For Tracy Hyde シティ・ポップ・リヴァイヴァルから「シティ」を奪還する (interviews)
  9. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  10. Squarepusher, Oneohtrix Point Never & Bibio ──〈Warp〉30周年イベントが開催決定! スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオが一挙来日 (news)
  11. イギリスでは高校生に授業参観でレイヴの歴史を教えています (news)
  12. Lafawndah - Ancestor Boy (review)
  13. BJ The Chicago Kid - 1123 (review)
  14. Columns ララージ来日直前企画 ──ニューエイジの巨匠、その歩みを振り返る (columns)
  15. Columns ダブステップ・シーンへ日本からの新風 ──City1について (columns)
  16. For Tracy Hyde - New Young City (review)
  17. Taylor McFerrin - Love's Last Chance (review)
  18. Thom Yorke - Anima (review)
  19. interview with Yosuke Yamashita 誰にでも開かれた過激 (interviews)
  20. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第8回 電車の中で寝転がる人、ボルタンスキーの神話 ――2019年8月11日に見たものの全て (columns)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Eli Walks- Parallel

Eli Walks

Eli Walks

Parallel

MOTION±

http://www.amazon.co.jp/dp/B005AAPYSI?tag=buyitonamazonfomdommune-22&linkCode=as1&creative=6339 Amazon

dtf

dtf

Day in Day out

AY

iTunes

三田 格   Mar 05,2012 UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

 軽薄に「フライング・ロータス以降」といってしまおう。日本でもグリッチ・ホップに手を染める流れが確認できるようになった。あるいは、日本でエレクトロニカというと、繊細さを競い合う「アンビエント風」でなければ線の細いクリック・ハウスが延々と続いたので(もちろん、そういうものは海外にも五万といるけれど、やはり全体的な比率が違う)、だから余計にどっしりとしたビートを構築できるだけで、景色が一変したように感じられたともいえる。しかし、それはそんなに小さなことではない。バンクシーにならって、いまなら1割増しで喜びたい。

 まずは、なんといってもイーライ・ウォークス。カリフォルニア帰りの秀才によるデビュー・アルバム。まるで重戦車が滑らかにのたくるようなビー トは、重い響きと反するようにあっさりと腰の動きを誘い出す。これがとにかく粘っこい。家で聴くようなものじゃないのかもしれないとさえ思えてくる。ついヴォリウムを上げてしまう。メロディも忘れられてはいない。寂しげな旋律もそれほどクリシェには感じられず、基本的には似合っている。荒 廃した世界観のなかにはどこかそれを楽しんでいる雰囲気もあり、曲によってはいつしかユーモラスにも感じられてくる。アンダーグラウンド・レジスタンスを遅くして再生しているような"ヴェルタックス"も同様で、荒廃した風景と、それに拮抗するエネルギーが鬩ぎあうムードは実に臨場感があり、エンディングで転調を繰り返す辺りからどうなるかと思ったら、すぐにフェイド・アウトしてしまったのはちと残念。アルバムも全体に少し短くて物足りない。クロージング・トラックは夢を見......損なったような「アンビエント風」。アルツが手掛けたローランド・P・ヤング(裏アンビエント P71)じゃないけれど、フリクションの『スキン・ディープ』を丸ごとリミックスしたら面白いような。

 昨秋、やはりソロ・デビューを果たしたマコト・カタギリも重量感がある。パーシステンスというハード・ミニマルのユニットを続けてきたことに由来する重さのようで、『デイ・イン・デイ・アウト』ではそれに重ねて多種多様なリズムのヴァリエイションが持ち込まれている(ニュー・スクール・ドラムン・ベースもあるし、ハード・ミニマルもある)。バキバキだった頃のゴス・トラッドがそのままダブステップに突入したようなオープニングから一貫してクールな世界観が構築され、単にストイックなだけでなく、軽 妙に配置されたファニーなSEもあれば、ポスト・クラシカル風の落ち着いたブレイクビーツ......だけは、なぜか唐突に情緒過多で少し違和感があった。小技の効きまくったM4.M8がとにかく素晴らしい。

三田 格