ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (2) (columns)
  2. Aphex Twin Live Stream - ──まるで1994年、初来日時のDJを思わせるようなセット (review)
  3. Throbbing Gristle - D.o.A. (最終報告書) (review)
  4. Throbbing Gristle - Greatest Hits - Entertainment Through Pain (review)
  5. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第9回 銃口の前で踊り続ける (columns)
  6. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (1) (columns)
  7. Columns マキ・ザ・マジック追悼文 ――女神にKiss ケツにKiss どっちにしても墓場で笑う (columns)
  8. 夜、汗、ニコチン、酒、セックス、テクノ…… ──ドイツの国民的DJ、ウエストバムの半生と90年代レイヴの狂騒 (news)
  9. ミッドナイト・トラベラー - 監督:ハッサン・ファジリ (review)
  10. special talk “和レアリック”対談 (interviews)
  11. interview with Kuro 自分を爆発させたい (interviews)
  12. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  13. Common - Let Love (review)
  14. Stereolab ──ステレオラブ再始動キャンペーン第三弾、00年代の2作がリイシュー (news)
  15. special talk Be There! 12日はCONTACTに行くしかない (interviews)
  16. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第1回 現象になりたい (columns)
  17. ボーダー 二つの世界 - (review)
  18. Battles ──バトルスがニュー・アルバムをリリース、新曲を公開 (news)
  19. Random Access N.Y. vol.120:私たちの親がしたことと反対のことを ──クライメート・ストライクのデモ行進 (columns)
  20. 宇多田ヒカル × PUNPEE ──全米iTunes2位! 日本を含む9ヶ国で1位獲得 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Call Super- Suzi Ecto

Call Super

AmbientDubIDMTechno

Call Super

Suzi Ecto

Houndstooth

Amazon iTunes

野田努   Oct 02,2014 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年を印象づけるひとつのキーワードが、「IDM/エレクトロニカ」である。ARCAもそうだし、FKAトゥイングスも、AFX人気も、いろいろなところにそれが伺えるだろう。年のはじまりがアクトレスのリリースからだったというのも象徴的だ。
 ニッチではない。この現象は実に説明しやすいもので、最初の「IDM/エレクトロニカ」ブームのときと同じく、アンチEDM(反・飼い慣らされたレイヴ)ってことだろう。対立軸がはっきりしているほうがシーンは面白くなる。
 とはいえ、『スージー・エクト』がダンス・カルチャーと対立しているわけではない。むしろクラブとベッドルームとの境目を溶解して、両側に通じているというか。ロンドンの〈ハウンズトゥース〉が送り出す、ジョセフ・リッチモンド・シートンによるコール・スーパーのデビュー・アルバムも2014年らしい、聴き応えのあるエレクトロニカ作品だ。

 2011年にデビューしばかりのコール・スーパーは、明らかにハウス/テクノのクラブ・ミュージックの側にいた。フィンガーズ・インクをモダンにアップデートしたような……、いや、それをほんとどコピーしたヴォーカル・ハウスである。が、活動の拠点を〈ハウンズトゥース〉に移してからの彼は型を外す方向に向かい、家聴きされることを意識したであろうこのファースト・アルバムでは、OPNとクラブとの溝を埋めるかのようなエレクトロニック・ミュージックを試みているわけだ。

 『スージー・エクト』を特徴付けているのは、エイフェックス・ツインの『セレクティッド・アンビエント・ワークス』を彷彿させるほどの、圧倒的なロマンティックさにある。押しつげがましくない程度に、緊張感のあるリズムをキープしながらも、ドリーミーで、なんとも恍惚としたサウンドを展開、曲によってはフルートやオーブエの生音まで入っている。また、そのリズムもテクノ/ハウス一辺倒ではなく、ボンゴの演奏を活かしたパーカッシヴな心地よさ、ダブの陶酔、アンビエント、いろいろある。つまり、工夫はあるが、屈託のない音楽なのである。

野田努