ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nkisi - 7 Directions (review)
  2. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  3. interview with Masato Matsumura これからの前衛音楽のために (interviews)
  4. Ninjoi. - Masayume (review)
  5. Nkisi - 7 Directions (review)
  6. 天国でまた会おう - (review)
  7. The Matthew Herbert Big Band ──ハーバートがビッグ・バンドで新作をリリース、発売日はイギリスがEUを離脱する3月29日 (news)
  8. The Specials - Encore (review)
  9. Chino Amobi - Airport Music For Black Folk / Moor Mother - Fetish Bones (review)
  10. interview with Simon Halliday 元〈WARP〉スタッフ、現〈4AD〉社長に話を訊く (interviews)
  11. James Blake ──ジェイムス・ブレイク新作の日本盤CDがリリース (news)
  12. 女王陛下のお気に入り - (review)
  13. A Man Called Adam ──90年代ジャジー・ハウスの芳香、ア・マン・コールド・アダムが帰ってきた (news)
  14. Phony Ppl - mō'zā-ik. (review)
  15. Shout To The Top 僕がアリアナ・グランデに惹かれる理由 (columns)
  16. K Á R Y Y N ──〈ミュート〉期待の新人がアクトレスの人工知能とコラボ&ファースト・アルバムをリリース (news)
  17. 打楽器逍遙 12 行進 (columns)
  18. Beirut - Gallipoli (review)
  19. Kankyō Ongaku ──日本のアンビエントにフォーカスしたコンピレーションが発売 (news)
  20. Mars89 ──たったいま聴こう。東京新世代のプロデューサー、Mars89が新作をリリース (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > D.A.N.- Tempest

D.A.N.

Indie Dance

D.A.N.

Tempest

BAYON PRODUCTION

disk union Tower HMV Amazon

大久保祐子   Jul 25,2017 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 子供が生まれると、徐々に成長していく過程の中で、教えてもいないのに音に合わせて小さな体を自分で揺らしはじめる場面に遭遇する。愚かな我々はたちまち「うちの子って何だか音楽に興味があるみたい(やはり!)」などとのぼせ上がるのだけれど、そのうち集団に紛れて周りに目を配る余裕ができて、そこでやっと大事なことを思い出す。そうだった、人は誰でも気に入った音楽が流れると気分が高まり、踊りたくなるのだと。

 昨年出たD.A.N.の1stアルバム『D.A.N.』を聴いたときに、長いこと忘れていたダンス・ミュージックのリズムを思い出した。エレクトロニカの複雑で歪んだ音や、ガレージ・ロック・リヴァイヴァルの熱に浮かされ、他のことに気を取られたりしているうちに、記憶の彼方へ葬られていた暗闇で反復するリズム。それによく似た種類の、血の通った新しいミニマル・サウンドを人力で鳴らす。なんて飄々としてこなれたダンス・ミュージックを作るバンドなんだ、しかもすべてにしっかりと日本語が乗っている、と唸りながら何だかもう百回位は聴いた。

 そこから1年経って発売されたミニ・アルバム「TEMPEST」。昨年末に配信リリースされていた“SSWB”は、タイトでしなやかにうねるリズムの繰り返しとスティールパンの淡い音色が土台になり、親しみやすいメロディに馴染んだクールな歌詞が重なって、D.A.N.のダンサブルな魅力を凝縮させたような素晴らしい出来。あの音の上に高い声で「Hold on baby いいかい」なんてさらっと乗せてしまう感性にまいった。誰かにD.A.N.を勧めるならいまは迷わずこの曲を選ぶ。続く“Shadows”はゆっくりとテンポを落として更にスケールを広げ、不穏な空気を漂わせる。この曲のMVがまた美しく壮大な作品で、クリエイティヴな才能に囲まれている証拠を見せつけてくれる。D.A.N.のMVはハズレが無い。

 そして表題曲の“Tempest”。もはや何処の国かもわからない謎なリズムと分厚いベースと怪しい歌声が、寡黙に進んでいくうちに徐々に交差して浮かび上がり、別の形になって耳をじわじわ襲いながらも幻のように消えていくカオスな空間が生まれる。クラブでDJが2時間かけて作り上げるようなグルーヴをD.A.N.はこの1曲でやってのけてしまった。手と足と声を使って。

 きっと彼らは音楽の趣味が良く、それを自分たちで消化して表現する能力がとくに優れているのだと思う。そういうセンスのある人たちは、国やジャンルや世代の壁をひょいっと外して、無防備な誰かの懐に忍び込み、体を揺らすことができるはず。いくつになっても、人は踊りたいものだ。それは夏のせいかもしれないけれど。

大久保祐子