MOST READ

  1. Cornelius - Mellow Waves (review)
  2. Moonchild - Voyager (review)
  3. special talk : ISSUGI × CRAM 特別対談:ISSUGI × CRAM (interviews)
  4. Second Woman - S/W (review)
  5. Columns R.I.P. 佐藤将 (columns)
  6. Cornelius ──別冊ele-king『コーネリアスのすべて』刊行のお知らせ (news)
  7. Columns 即興音楽の新しい波 ──触れてみるための、あるいは考えはじめるためのディスク・ガイド (columns)
  8. リヴァイヴァルじゃないのだ。 - ──行かないと何かを逃すかもしれない、DYGL(デイグロー)・ジャパン・ツアーは明日から! (news)
  9. RAMZA × TAKCOM ──「郊外」という場所が浮かび上がるのは時間の問題だったのかもしれない (news)
  10. yahyel - ──この一風変わった名前のバンドをきみはもう知っているか? ヤイエルが500枚限定の初CD作品をリリース (news)
  11. You me FORESTLIMITで聴いて良いと思った曲 (chart)
  12. interview with YURUFUWA GANGゆるふわギャングがぶっ壊しにキタ! (interviews)
  13. LOW END THEORY JAPAN - ロー・エンド・セオリー・ジャパン再来です! (news)
  14. Arto Lindsay──アート・リンゼイが新作のレコーディング・メンバーを率いて来日 (news)
  15. MAJOR FORCE 25th ANNIVERSARY - メジャー・フォース25周年にリスペクトを (news)
  16. special talk : BES × senninshou特別対談:BES×仙人掌 (interviews)
  17. interview with Formation 壁にパンチする代わりに (interviews)
  18. Japan Blues - Sells His Record Collection (review)
  19. interview with tofubeats インターネットの憂鬱 (interviews)
  20. interview with Cornelius - 星の彼方へ (interviews)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Rhythim Is Rhythim- Strings Of Life LIVE 1989

Sound Patrol

Rhythim Is Rhythim

Rhythim Is Rhythim

Strings Of Life LIVE 1989

in London

野田 努   Nov 15,2012 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加
E王

 1991年か1992年、デリック・メイが、リズム・イズ・リズムとして、トレヴァー・ホーンの〈ZTT〉からデビューするはずだったという話はファンのあいだでは有名だ。しかし、トレヴァー・ホーンの執拗なディレクションにドタマに来たデリック・メイは、テーブルをひっくり返してしまった。こうして、リズム・イズ・リズムのデビュー・アルバム『ザ・ビギニング・オブ・ジ・エンド』は幻となったわけだが、アルバムの先行シングルが、実は「ザ・ビギニング」だったことをデリック・メイから昨晩教えてもらった(そして、その「ザ・ビギニング」の方向性を嫌ったのも、レーベルの側だった)。
 よって、リズム・イズ・リズムのアルバムのために録音された曲は、1993年に"アイコン"として発表され、続いてロング・アゴー名義の"レリックス"として、リズム・イズ・リズム名義では"ケオティック・ハーモニー"、そして同名義で1999年のコンピレーション『タイム:スペース』において"ビフォア・ゼア・アフター"として発表されている。12月5日にリリースされる〈トランスマット〉の新しいコンピレーション・アルバム『BEYOND THE DANCE~TRANSMAT 4』には、さらにまた、『ザ・ビギニング・オブ・ジ・エンド』からの1曲"ハンド・オーヴァー・ハンド"が収録されている。20年かけて、デリック・メイが当時どんなアルバムを作っていたかがようやくわかってきた(笑)。(そして、それは相当に、メランコリックな作品だった)

 以下の映像は、1989年、26歳のデリック・メイ、20歳のカール・クレイグのふたりによる、リズム・イズ・リズムのロンドンのライヴである。遠くで野球帽をかぶっているのがカール・クレイグ、手前でシンセサイザーを弾いているのがデリック・メイ。ファッションが時代を物語っているが、音楽はいまも超越的に聴こえる。

野田 努