ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns なぜスコット・ウォーカーはリスペクトされているのか (columns)
  2. Four Tet ──フォー・テットがニュー・アルバムをリリース (news)
  3. JME - Grime MC (review)
  4. Yaporigami ──山梨出身ベルリン在住の電子音楽家が〈Virgin Babylon〉より新作を発表 (news)
  5. Carl Michael Von Hausswolff - Addressing The Fallen Angel (review)
  6. Oli XL - Rogue Intruder, Soul Enhancer (review)
  7. 漢 a.k.a. GAMI監修『MCバトル全書』 ――名バトルからあの事件の裏側まで、現行ジャパニーズ・ヒップホップシーンのリアルがわかる『MCバトル全書』が発売中 (news)
  8. Jagatara2020 ──復活目前のじゃがたら、ライヴ会場先行販売ほか店舗限定特典&パネル展の開催が決定 (news)
  9. interview with Jeff Paker 話題作『The New Breed』のメンバーとの来日ライヴ直前スペシャル (interviews)
  10. Vladislav Delay ──ヴラディスラフ・ディレイがニュー・アルバムをリリース (news)
  11. Jeff Parker ──ジャズ・ギタリストのジェフ・パーカーが新作をリリース (news)
  12. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 後編:進化する現代のレイヴ・カルチャー (columns)
  13. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  14. Sefi Zisling - Expanse (review)
  15. パラサイト 半地下の家族 - (review)
  16. Columns tiny pop sound cloudガイド (columns)
  17. Ovall - Ovall (review)
  18. Politics 音によるグラフィティ──高円寺の再開発反対デモから見えてきたもの (columns)
  19. Thundercat ──サンダーキャットがニュー・アルバムをリリース (news)
  20. Nick Cave and The Bad Seeds - Ghosteen (review)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Rhythim Is Rhythim- Strings Of Life LIVE 1989

Rhythim Is Rhythim

Rhythim Is Rhythim

Strings Of Life LIVE 1989

in London

野田 努   Nov 15,2012 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加
E王

 1991年か1992年、デリック・メイが、リズム・イズ・リズムとして、トレヴァー・ホーンの〈ZTT〉からデビューするはずだったという話はファンのあいだでは有名だ。しかし、トレヴァー・ホーンの執拗なディレクションにドタマに来たデリック・メイは、テーブルをひっくり返してしまった。こうして、リズム・イズ・リズムのデビュー・アルバム『ザ・ビギニング・オブ・ジ・エンド』は幻となったわけだが、アルバムの先行シングルが、実は「ザ・ビギニング」だったことをデリック・メイから昨晩教えてもらった(そして、その「ザ・ビギニング」の方向性を嫌ったのも、レーベルの側だった)。
 よって、リズム・イズ・リズムのアルバムのために録音された曲は、1993年に"アイコン"として発表され、続いてロング・アゴー名義の"レリックス"として、リズム・イズ・リズム名義では"ケオティック・ハーモニー"、そして同名義で1999年のコンピレーション『タイム:スペース』において"ビフォア・ゼア・アフター"として発表されている。12月5日にリリースされる〈トランスマット〉の新しいコンピレーション・アルバム『BEYOND THE DANCE~TRANSMAT 4』には、さらにまた、『ザ・ビギニング・オブ・ジ・エンド』からの1曲"ハンド・オーヴァー・ハンド"が収録されている。20年かけて、デリック・メイが当時どんなアルバムを作っていたかがようやくわかってきた(笑)。(そして、それは相当に、メランコリックな作品だった)

 以下の映像は、1989年、26歳のデリック・メイ、20歳のカール・クレイグのふたりによる、リズム・イズ・リズムのロンドンのライヴである。遠くで野球帽をかぶっているのがカール・クレイグ、手前でシンセサイザーを弾いているのがデリック・メイ。ファッションが時代を物語っているが、音楽はいまも超越的に聴こえる。

野田 努