ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Fat White Family 彼らはインディ・ロックの救世主か? (interviews)
  2. Matmos - Plastic Anniversary (review)
  3. SCARS ──入手困難だったファースト・アルバムがリイシュー (news)
  4. 魂のゆくえ - (review)
  5. Flying Lotus ──フライング・ロータスがニュー・アルバムをリリース (news)
  6. Plaid ──プラッドがニュー・アルバムをリリース (news)
  7. Columns UKの若きラッパー、ロイル・カーナーが示す「第四の道」 (columns)
  8. Loski - Mad Move (review)
  9. The Comet Is Coming - Trust In The Lifeforce Of The Deep Mystery (review)
  10. dialogue: Shinichiro Watanabe × Mocky TVアニメ『キャロル&チューズデイ』放送開始記念 (interviews)
  11. 主戦場 - (review)
  12. LAのアート・パンク・バンド、ノー・エイジのヴィジュアルで知られるグラフィック・アーティスト、ブライアン・ローティンジャーの個展開催中 (news)
  13. Nivhek - After Its Own Death/Walking In A Spiral Towards The House (review)
  14. アナキズム・イン・ザ・UK 第15回:キャピタリズムと鐘の音 (columns)
  15. interview with Bibio レトロとノスタルジーの違いについて (interviews)
  16. Carpainter - Declare Vicrory / Native Rapper - TRIP (review)
  17. Rupert Clervaux ──ロンドンの気鋭のレーベル〈Whities〉が初のフルレングスをリリース (news)
  18. マキタスポーツ - 2019年3月27日@草月ホール (review)
  19. 僕たちのラストステージ - (review)
  20. Steve Reich - Drumming (review)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > 屍体×埋葬=?- Zomby X Burial - Sweetz

屍体×埋葬=?

ExperimentalPost Post DubstepPost Referendum

屍体×埋葬=?

Zomby X Burial - Sweetz

Hyperdub

Amazon

野田努   Aug 04,2016 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゾンビー=屍体、ベリアル=埋葬というわけで、この10インチは墓場のダンスホール、この10年間のUKアンダーグラウンド・シーンにおいて、そのダークさ、そのアンダーグラウンドさでもって、先へ先へ行こうという態度によって、リスナーを魅了してきた2人のキーパーソンによる大注目の曲だ。ベース・ミュージックがどこに行くのかという点、そしてポスト国民投票/ブリグジットのアンダーグラウンド・ミュージックを聴くという点において、まったく興味深い。聴かなければならない1曲である。

 シカゴ・ゲットー・ハウス的な声ネタの反復とベース・ミュージックのもっとも精鋭的な響きとが溶接する。テクノと呼ぶにはダンスを欠いて、ベース・ミュージックと呼ぶにはビートはミニマリスティック。そしてそれは深く深く沈んでいく。BPM的にはクラブでかけられるが、動くのは腰ではなく頭だろう。ひとつ言えるのは、このきつい社会からこぼれ落ちた者たちの居場所を拡張するのは、たとえばこういう音楽だということ(ここまでやってもいいんだという意味で、はみ出すことを恐れないという意味で)。とにかく、まあ格好いい。UKのアンダーグラウンド・ダンス・ミュージック、動いてますねー。

 なお、この曲は9月初旬に〈ハイパーダブ〉からリリースされるゾンビーの4枚目のアルバム『Ultra』からの先行リリース曲。そのアルバムには、ダークスターやテクノ系のRezzett(トリロジー・テープスからの作品で知られる)も参加している。否応なしに期待は高まる。

野田努