MOST READ

  1. Kid Cudi - Passion, Pain & Demon Slayin' (review)
  2. Clap! Clap! - A Thousant Skies (review)
  3. Eccy――エクシー、7年ぶりのフルアルバムが〈KiliKiliVilla〉からリリース! (news)
  4. yahyel - ──この一風変わった名前のバンドをきみはもう知っているか? ヤイエルが500枚限定の初CD作品をリリース (news)
  5. Tinariwen - Elwan (review)
  6. Visible Cloaks - Reassemblage (review)
  7. interview with IO - KoolBoyの美学 (interviews)
  8. Shobaleader One──スクエアプッシャー率いる覆面バンドがアルバムをリリース、来日公演も決定 (news)
  9. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  10. interview with SHOBALERDER ONE音楽を破壊すべし (interviews)
  11. ROCKASEN──これストリートの夢心地かな、ロッカセンの素晴らしい新作が無料配信です (news)
  12. yahyel(ヤイエル)を聴いたか? - ──マット・コルトンがマスタリングを手掛ける“Once”MVが公開 (news)
  13. Clark──破壊を超えた先の絶景……クラークがニュー・アルバムをリリース (news)
  14. リヴァイヴァルじゃないのだ。 - ──行かないと何かを逃すかもしれない、DYGL(デイグロー)・ジャパン・ツアーは明日から! (news)
  15. Clap! Clap! - Tayi Bebba (review)
  16. Shackleton & Vengeance Tenfold - Sferic Ghost Transmits (review)
  17. interview with Sampha心を焦がす新世代ソウル (interviews)
  18. Dancehall - Raime - Reel Torque: Volume 13, Our Versions Of Their Versions (review)
  19. Random Access N.Y. vol. 90:南アフリカ、gqom(ゴム)ミュージック探訪 (columns)
  20. special talk : Arto Lindsay × Caetano Veloso続・特別対談:アート・リンゼイ×カエターノ・ヴェローゾ──音楽とことば (interviews)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > 屍体×埋葬=?- Zomby X Burial - Sweetz

Sound Patrol

屍体×埋葬=?

ExperimentalPost Post DubstepPost Referendum

屍体×埋葬=?

Zomby X Burial - Sweetz

Hyperdub

Amazon

野田努   Aug 04,2016 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゾンビー=屍体、ベリアル=埋葬というわけで、この10インチは墓場のダンスホール、この10年間のUKアンダーグラウンド・シーンにおいて、そのダークさ、そのアンダーグラウンドさでもって、先へ先へ行こうという態度によって、リスナーを魅了してきた2人のキーパーソンによる大注目の曲だ。ベース・ミュージックがどこに行くのかという点、そしてポスト国民投票/ブリグジットのアンダーグラウンド・ミュージックを聴くという点において、まったく興味深い。聴かなければならない1曲である。

 シカゴ・ゲットー・ハウス的な声ネタの反復とベース・ミュージックのもっとも精鋭的な響きとが溶接する。テクノと呼ぶにはダンスを欠いて、ベース・ミュージックと呼ぶにはビートはミニマリスティック。そしてそれは深く深く沈んでいく。BPM的にはクラブでかけられるが、動くのは腰ではなく頭だろう。ひとつ言えるのは、このきつい社会からこぼれ落ちた者たちの居場所を拡張するのは、たとえばこういう音楽だということ(ここまでやってもいいんだという意味で、はみ出すことを恐れないという意味で)。とにかく、まあ格好いい。UKのアンダーグラウンド・ダンス・ミュージック、動いてますねー。

 なお、この曲は9月初旬に〈ハイパーダブ〉からリリースされるゾンビーの4枚目のアルバム『Ultra』からの先行リリース曲。そのアルバムには、ダークスターやテクノ系のRezzett(トリロジー・テープスからの作品で知られる)も参加している。否応なしに期待は高まる。

野田努