ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Flying Lotus ──フライング・ロータスがニュー・アルバムをリリース (news)
  2. Columns UKの若きラッパー、ロイル・カーナーが示す「第四の道」 (columns)
  3. The Comet Is Coming - Trust In The Lifeforce Of The Deep Mystery (review)
  4. 魂のゆくえ - (review)
  5. Loski - Mad Move (review)
  6. Amgala Temple ──ジャガ・ジャジストから派生したグループ、アムガラ・テンプルが来日 (news)
  7. Nivhek - After Its Own Death/Walking In A Spiral Towards The House (review)
  8. dialogue: Shinichiro Watanabe × Mocky TVアニメ『キャロル&チューズデイ』放送開始記念 (interviews)
  9. Rupert Clervaux ──ロンドンの気鋭のレーベル〈Whities〉が初のフルレングスをリリース (news)
  10. interview with Bibio レトロとノスタルジーの違いについて (interviews)
  11. LAのアート・パンク・バンド、ノー・エイジのヴィジュアルで知られるグラフィック・アーティスト、ブライアン・ローティンジャーの個展開催中 (news)
  12. マキタスポーツ - 2019年3月27日@草月ホール (review)
  13. 主戦場 - (review)
  14. Carpainter - Declare Vicrory / Native Rapper - TRIP (review)
  15. Sons Of Kemet - Your Queen Is A Reptile (review)
  16. interview with Matthew Herbert 音楽からのブレグジットへの回答 (interviews)
  17. interview with Akira Kobuchi Quiet Wave : 史上もっとも静かな革命 (interviews)
  18. CROOKED TAPES presents NEGATIVE INIFINITY ──このさい墜ちるところまで墜ちてみようぜ (news)
  19. Steve Reich - Drumming (review)
  20. Random Access N.Y. vol.114 : インディ・シーンはゲームへと向かう? Good bye Secret Project Robot and Hello Wonderville (columns)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Zamzam Sounds- ダブの枠組みを拡張する7インチ5選

Zamzam Sounds

Zamzam Sounds

ダブの枠組みを拡張する7インチ5選

文:Yusaku Shigeyasu   Sep 23,2016 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワールド・ミュージックの名作を再発する〈ミシシッピ・レコーズ〉や、アフリカ音楽の名門〈サヘル・サウンズ〉といったレーベルが拠点とするアメリカ北西部の都市ポートランド。多様で豊かな音楽的土壌を備えた同市で2012年から運営されている〈ザムザム・サウンズ〉は、ひとつのスタイルに捕らわれることなくダブの可能性を拡張してきた。その運営を手掛けるのはレーベルの前身〈BSIレコーズ〉の創立メンバーだったふたり、エズラ・エレクソンと彼の公私にわたるパートナーであるトレイシー・ハリソンだ。
 発足以来、〈ザムザム・サウンズ〉は7インチに特化したリリースを展開している。世界中から届けられるデモの中から、その製作者だけにしか成しえない個性を持ったものだけが選りすぐられ、ルーツ・レゲエ、ステッパーズ、ダブテクノ、ダブステップなどの少し斜め上に位置づけられるような異質で新鮮なサウンドが世に送り出されている。
 今回は、これまでに発表された40を超えるタイトルの中から、レーベルがカヴァーする領域の広さを感じ取れる5枚を選んだ。その多様な音楽スタイルもさることながら、ファインアートの学位を取得しているハリソンが手作業でシルクスクリーン・プリントを施すジャケット・デザインも同様に味わい深い。


RSD - World Hungry / Dub Pride (ZamZam Sounds)

開放感のあるステッパーズ“ワールド・ハングリー”と、エコーとリバーブによってさらなるうねりがグルーヴに加わる“ダブ・プライド”を収録。ロブ・スミス節炸裂のベースラインとブレイクビーツによるトラックは、まさに彼だけにしか成しえない個性に満ちている。

Deadbeat feat. Gregory Isaacs - Claudette (ZamZam Sounds)

以前からダンスホールとテクノを融合させたトラックを制作しているデッドビート。テクスチャーを豊かに加工したスネアや明瞭なミックス処理によって、これまでにない印象を生むダンスホールが実現している。このようなトラックをリリースするあたりにザムザム・サウンズらしさを感じる。

Beat Pharmacy - Beach Dub / Bowling Dub (ZamZam Sounds)

ダウンビートに乗せてダビーなエフェクトがセッションしているかのように絡み合う“ボーリング・ダブ”が面白い。近年のビート・ファーマシーは以前に増して特異なダブ・サウンドを探求するようになっている。

Compa - Shaka's Truth / Atha Dub (ZamZam Sounds)

ダブステップの総本山〈ディープ・メディ〉からもリリースしているコンパが超強力デジタル・ステッパーズをドロップ。ズシリと打ち込まれるキックと、擦り付けたように少し歪ませたハットによって堅牢なビートが構築され、フロアを熱く盛り上げる。

Hieronymus - Silk Road / Pound of Pepper (ZamZam Sounds)

ミニマルダブを制作していたころのキット・クレイトやポールがもっとルーツに接近していたら、こんなトラックになっていたのでは? と思わせられる多様な要素を含んだスローステッパーズ2曲を収録。エレクソンとハリソンの懐の深さがうかがえる1枚だ。

文:Yusaku Shigeyasu