ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. The Comet Is Coming - Trust In The Lifeforce Of The Deep Mystery (review)
  2. Nivhek - After Its Own Death/Walking In A Spiral Towards The House (review)
  3. マキタスポーツ - 2019年3月27日@草月ホール (review)
  4. 主戦場 - (review)
  5. Carpainter - Declare Vicrory / Native Rapper - TRIP (review)
  6. Random Access N.Y. vol.114 : インディ・シーンはゲームへと向かう? Good bye Secret Project Robot and Hello Wonderville (columns)
  7. dialogue: Shinichiro Watanabe × Mocky TVアニメ『キャロル&チューズデイ』放送開始記念 (interviews)
  8. interview with Bibio レトロとノスタルジーの違いについて (interviews)
  9. Flying Lotus ──フライング・ロータスがニュー・アルバムをリリース (news)
  10. Steve Reich - Drumming (review)
  11. CROOKED TAPES presents NEGATIVE INIFINITY ──このさい墜ちるところまで墜ちてみようぜ (news)
  12. Sons Of Kemet - Your Queen Is A Reptile (review)
  13. interview with Matthew Herbert 音楽からのブレグジットへの回答 (interviews)
  14. The Comet Is Coming ──UKジャズのキイパーソン、シャバカ・ハッチングスのザ・コメット・イズ・カミングが新作をリリース (news)
  15. Joni Void - Mise En Abyme (review)
  16. Die Tödliche Doris ──伝説の独ポストパンク、ディー・テートリッヒェ・ドーリスの傑作5枚が限定で再発中 (news)
  17. Politics オカシオ-コルテス、“MMT(現代貨幣理論)”を語る (columns)
  18. ビューティフル・ボーイ - (review)
  19. The Future Eve featuring Robert Wyatt - KiTsuNe / Brian The Fox (review)
  20. Bibio ──ビビオが新曲をリリース (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > On Fillmore- Extended Vacation

On Fillmore

On Fillmore

Extended Vacation

Dead Oceans

Amazon

三田 格   Nov 14,2009 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加
E王

 ウィルコなど多数のバンドに参加するドラムのグレン・コッチーと、ジム・オルークなどと共演することが多いダブル・ベースのダーリン・グレイによるデュオの4作目。まったく聴いたことがないとはいわないけれど、タイトル通り休暇が長引き、いつもとは違うエア・ポケットに落ち込んでしまったような静かで漠然とした不安を内包したファンタジー・サウンドはマーティン・デニーやアーサー・ライマンといったエキゾチック・サウンドを大人びたオルタナ解釈で聴き直しているようでもあり、伝統的な実験音楽をラウンジ・ミュージックとして再生させているようでもあり。サイケデリック・ミュージックとしては地味な部類に属しつつ、しかし、確実に見たことのない景色には連れ去られる(ある意味、ジャケット・デザインが物語っているそのままの雰囲気といえる)。"オフ・ザ・ウォール"ならぬM5"オフ・ザ・パス(舗道)"と題された曲では(マイケル・ジャクスンが?)幽体離脱でもしてるようなムードになってみたり、M3"デイドリーミング・ソー・アーリー"ではなるほど延々と眩暈に襲い掛かられる。エレクトロニカがミュージック・コンクレート・リヴァイヴァルにスウィッチしつつある一方、かつてのシカゴ音響派とかなんとか呼ばれた人たちが、現在、こぞってポスト・クラシカルに移行するなか、そのどちらからも等距離にある辺りを模索している感じともいえるし、ポスト・ロックというタームを前提とした文脈ではスローコアから過剰な重さや極端な悲壮感を取り除き、どこか不条理を感じさせる情感へとスライドさせたというニュアンスも可能ではないかと。いずれにしろブラック・ダイスやジム・オルークの始めたことが円熟期に入り、KTLやバーニング・スター・コアといった成果と並ぶ完成度といえるのではないだろうか。アナログ・オンリーのようで、与えられたパス・ワードでディジタル音源も落とせるようになっている。

三田 格

RELATED

Akron/Family- Sub Verces Dead Oceans/Pヴァイン

Reviews Amazon iTunes