ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. STONE ISLAND ──人気のイタリア・ブランド〈ストーンアイランド〉が音楽シーンに参入 (news)
  2. Julianna Barwick - Healing Is A Miracle (review)
  3. Roedelius - Tape Archive Essence 1973-1978 (review)
  4. 校了しました ──『別冊ele-king ブラック・パワーに捧ぐ』&『ゲーム音楽ディスクガイド2』 (news)
  5. The Beneficiaries - The Crystal City Is Alive (review)
  6. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)
  7. Sound Of Japan ──BBCレディオ3が日本の音楽の特番を放送しております (news)
  8. the perfect me ──福岡インディ・シーンからアヴァン・ポップの旗手 (news)
  9. R.I.P. Malik B 追悼 マリク・B (news)
  10. interview with Kamaal Williams ほらよ、これが「UKジャズ」だ (interviews)
  11. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  12. Aru-2 - Little Heaven (review)
  13. A Certain Ratio ──9月発売のアルバムから1曲、東京で撮影されたMV「Yo Yo Gi」を公開 (news)
  14. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  15. Yunzero - Blurry Ant (review)
  16. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  17. Eartheater ──アースイーターの新作はアコースティック・サウンド (news)
  18. interview with AbuQadim Haqq 語り継がれるドレクシア物語 (interviews)
  19. Columns 元ちとせ 反転する海、シマ唄からアンビエントへ (columns)
  20. Kamaal Williams ──ヘンリー・ウーことカマール・ウィリアムスが新作をリリース (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > On Fillmore- Extended Vacation

On Fillmore

On Fillmore

Extended Vacation

Dead Oceans

Amazon

三田 格   Nov 14,2009 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
E王

 ウィルコなど多数のバンドに参加するドラムのグレン・コッチーと、ジム・オルークなどと共演することが多いダブル・ベースのダーリン・グレイによるデュオの4作目。まったく聴いたことがないとはいわないけれど、タイトル通り休暇が長引き、いつもとは違うエア・ポケットに落ち込んでしまったような静かで漠然とした不安を内包したファンタジー・サウンドはマーティン・デニーやアーサー・ライマンといったエキゾチック・サウンドを大人びたオルタナ解釈で聴き直しているようでもあり、伝統的な実験音楽をラウンジ・ミュージックとして再生させているようでもあり。サイケデリック・ミュージックとしては地味な部類に属しつつ、しかし、確実に見たことのない景色には連れ去られる(ある意味、ジャケット・デザインが物語っているそのままの雰囲気といえる)。"オフ・ザ・ウォール"ならぬM5"オフ・ザ・パス(舗道)"と題された曲では(マイケル・ジャクスンが?)幽体離脱でもしてるようなムードになってみたり、M3"デイドリーミング・ソー・アーリー"ではなるほど延々と眩暈に襲い掛かられる。エレクトロニカがミュージック・コンクレート・リヴァイヴァルにスウィッチしつつある一方、かつてのシカゴ音響派とかなんとか呼ばれた人たちが、現在、こぞってポスト・クラシカルに移行するなか、そのどちらからも等距離にある辺りを模索している感じともいえるし、ポスト・ロックというタームを前提とした文脈ではスローコアから過剰な重さや極端な悲壮感を取り除き、どこか不条理を感じさせる情感へとスライドさせたというニュアンスも可能ではないかと。いずれにしろブラック・ダイスやジム・オルークの始めたことが円熟期に入り、KTLやバーニング・スター・コアといった成果と並ぶ完成度といえるのではないだろうか。アナログ・オンリーのようで、与えられたパス・ワードでディジタル音源も落とせるようになっている。

三田 格

RELATED

Akron/Family- Sub Verces Dead Oceans/Pヴァイン

Reviews Amazon iTunes