ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns Playlists During This Crisis この非常事態下における家聴きプレイリスト (columns)
  2. ダニエル・ミラーからのメッセージ ──CDやレコードをレコード店のオンラインで買いましょう!! (news)
  3. Politics コロナ恐慌を機に高まった「政府は金を出せ」の声 (columns)
  4. DJ Mitsu the Beats - ALL THIS LOVE (review)
  5. Columns Pandenic Diary (1) パンデミック・ダイアリー (1) (columns)
  6. Battles ──バトルスがオンライン・リミックス・コンテストを開催 (news)
  7. interview with Little Dragon (Yukimi Nagano) 世界を魅了した歌声、北欧エレクトロニック・ポップのさらなるきらめき (interviews)
  8. R.I.P. McCoy Tyner 追悼 マッコイ・タイナー (news)
  9. Zebra Katz - Less is Moor (review)
  10. KANDYTOWN ──キャンディタウンが2020年最初の新曲をリリース (news)
  11. R.I.P. Gabi Delgado(ガビ・デルガド) (news)
  12. R.I.P. Manu Dibango 追悼 マヌ・ディバンゴ (news)
  13. Caribou - Suddenly (review)
  14. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  15. 渡邊琢磨の自主レーベル〈Ecto Ltd.〉が『まだここにいる』のサウンドトラックをフリーダウンロードにてリリース (news)
  16. Random Access N.Y. VOl.123 NYシャットダウン (columns)
  17. Squid ──ブライトンのポストパンク・バンドが〈Warp〉と契約 (news)
  18. Vladislav Delay - Rakka (review)
  19. YPY - OVER SMILING DUB / YPY - NYE​/​D IN DUB​!​!​!​! (review)
  20. interview with You Ishihara 君はこの音楽をどんな風に感じるのだろうか? (interviews)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Hudson Mohawke- Butter

Hudson Mohawke

Hudson Mohawke

Butter

Warp / Beat

Amazon iTunes

三田 格   Nov 18,2009 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 春先の6曲入り「ポリフォーク・ダンス」に続くエレクトロニック・アブストラク・ヒップホップのファースト・フル・アルバム。これまでにリリースしてきたヘラルズ・オブ・チェインジ名義のEP群やルーキッドなどに提供したリミックス・ワークなどをまとめて使いまわしたような仕上がりで、いささか新鮮味には欠けてしまったものの、「プリンス+エイフェックス・ツイン」ともいえる音楽性は方向性も定められて、ひとつの終わりとして聴くには充分ではないかと(プリンスに寄ったプロジェクトとしてはオリヴィエ・デイ・ソウル『キロワット』、エイフェックス・ツインに寄ったものとしてはヘラルズ・オブ・チェインジ「シークリッツEP」がグー)。そういう意味ではフライング・ロータスをスラップスティックに解釈し直したクップ・ケイヴ『ガーベイジ・ペイル・ビーツ』(08)と共有しているものは多く、ブラック・ミュージックとヨーロッパ的なディスロケイション趣味が結びつこうとする衝動には一種の高まりが感じられる(シングル単位でいうとドリアン・コンセプトは控えめな方で、ショートスタッフやスターティング・ティースはあっという間にクルクルパー。ジェイミー・ヴェクスドによるスターキーのリミックスもいい線行ってます)。

 グラスゴーという土地柄とはどうも結びつかないので、グローバルな気運を体現してると考える方がよさそうだし、昨年、実際に粉川哲夫氏がグラスゴーに行くというので彼のライヴがあったら観て下さいとサジェスチョンしたところ、土地の人でモーホークの名前を知っていた人はひとりもいなかったそうだ(氏は同地で行われた音楽イヴェントのために渡英している)。つまり、どこからどこへ向かう音楽なのか全体的にはまだ把握しきれていないということですね。必要なのはリアクションという時期だということでしょう。前述「ポリフォーク・ダンス」とのダブりはなし。オール・シティからリリースされて、すぐに売り切れたハドスン・モー名義の7インチ・シングル「スター・クラックアウト」は再録(これはドローンとはいわないけれど、プリンスともエイフェックス・ツインとも違う賛美歌風チル・アウト)。オリヴィエ・デイ・ソウルも2曲でヴォーカル参加。

三田 格