ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Kode9 〈ハイパーダブ〉15周年記念 (interviews)
  2. KODAMA AND THE DUB STATION BAND - かすかな きぼう (review)
  3. 羊とオオカミの恋と殺人 - (review)
  4. interview with FINAL SPANK HAPPY メンヘラ退場、青春カムバック。 (interviews)
  5. Columns 元ちとせ 反転する海、シマ唄からアンビエントへ (columns)
  6. interview with Kazufumi Kodama 不自由のなかの自由 (interviews)
  7. Jagatara2020 ──80年代バブル期の日本に抗い、駆け抜けた伝説のバンド、じゃがたらが復活! (news)
  8. Gang Starr - One Of The Best Yet (review)
  9. interview with Fat White Family 彼らはインディ・ロックの救世主か? (interviews)
  10. BUSHMIND ──ニューエイジ/アンビエントのミックスCDをリリース (news)
  11. Burial ──ベリアルの新曲が公開、〈Hyperdub〉の新コンピもリリース (news)
  12. Fat White Family ──次世代のスリーフォード・モッズ!? ファット・ホワイト・ファミリーが〈Domino〉から新作をリリース (news)
  13. ジョーカー - (review)
  14. interview with Battles (Ian Williams) 素敵な事故が起こるまで (interviews)
  15. ブラック校則 - (review)
  16. Stereolab ──ステレオラブが10年ぶりに再始動、過去タイトルも順次リイシュー (news)
  17. DC/PRG ──結成20周年を記念し、デートコース・ペンタゴン・ロイヤルガーデンの初期3作が再発売中 (news)
  18. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 前編:10年代のブルックリンの軌跡 (columns)
  19. Jon Casey - Flora & Fauna (review)
  20. Noah - Thirty (review)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Teen- Carolina EP

Teen

Dream popGaragePsychedelicShoegaze

Teen

Carolina EP

Carpark

Amazon iTunes

橋元優歩   Jun 17,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 セント・ヴィンセントを解体してバンドとして再組織するとちょうどティーンのような音になるかもしれない。彼女に解体のモチーフを伝えたら「いいわね、すぐにバラバラにしてちょうだい」なんて言われそうだ。おそらくセント・ヴィンセントの意識そのものをバラバラにしないかぎり、彼女の破片はおそろしい魔物のようにたちまち元のかたちを復帰してしまうだろう。そのくらいセント・ヴィンセントの音楽は強靭で意志的だ。彼女の音楽を聴くということは、フレーズを感じる、リズムやテクスチャーを楽しむ、などというよりも、ほとんど彼女の精神と切り結ぶという行為である。凛々しく、明確な哲学をもって振り下ろされる精神の剣を丁丁発止と受け止め、払う、それが不肖橋元流のセント・ヴィンセントの聴き方。彼女のギター自体も白刃になぞらえるのにふさわしい。それは何というか、同士として正々堂々と手合わせを願うというような、ある意味ではユリとかヅカとかウテナとかそういう世界であって、男性がどんなふうに聴いているのかは興味深いところだ。

 ティーンの音楽はそのように対峙することを求めてくるわけではない。おそらくはセント・ヴィンセントの影響下にあるが、ギター・バンドとしてのダイナミズムが、もっと単純に(純粋に)音楽の楽しみを伝えてくれる。ヒア・ウィ・ゴー・マジックの元メンバーが、妹や友だちと結成したというブルックリンの女性4人組。ほとんど2作めと呼んでよさそうな本EPは、2000年代のエクスペリメンタルを牽引した名門のひとつ、〈カーパーク〉からのリリースだ。ミックスにはダイヴを手がけたダニエル・シュレットを起用。1枚めがソニック・ブームだったのに対し、今作はスペーシーな要素を抑えてガレージ感を強調している。サイケデリックなアンサンブルから甘くドリーミーな風合いがうまく引き出されているのがわかるだろう。これらの条件によって脇も固められており、まず間違いのないアルバムである。

 表題曲"カロリーナ"は、重心の低いギター・リフとオルガン風のシンセがリードするガレージ・サイケ。後半でギター、オルガン、ヴォーカルがリフをユニゾンで唱和する展開、その高揚感は、ガール・バンドが力ではなく知性や繊細な感覚でもって大きなグルーヴを生み出せるということを証している。一方で往年のオルタナ名盤を思わせるような骨太のバンド・アンサンブルを楽しむこともできるが、その対角線上には必ずシンセがミステリアスに揺曳している。スリーター・キニーやハギー・ベアなどのライオットの系譜とは逆方向を向きながら、女性バンドとしての存在感を放つ様子はウォーペイントにも通じる。要は、今日〈4AD〉的な意匠を通過せずに女子バンドが説得力を持つのは難しいということだ。彼女らの音に共感する一方で、快速東京のように頭のいいライオット・ガールが出てきてかっ飛ばしてほしいという気持ちにもなる。

橋元優歩