ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  2. Aphex Twin ──エイフェックス・ツイン最新公演のライヴ・ストリーミングが決定 (news)
  3. interview with (Sandy) Alex G 塩と砂糖の誘惑 (interviews)
  4. Leo Svirsky - River Without Banks (review)
  5. Squarepusher, Oneohtrix Point Never & Bibio ──〈Warp〉30周年イベントが開催決定! スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオが一挙来日 (news)
  6. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  7. イギリスでは高校生に授業参観でレイヴの歴史を教えています (news)
  8. interview with For Tracy Hyde シティ・ポップ・リヴァイヴァルから「シティ」を奪還する (interviews)
  9. Lafawndah - Ancestor Boy (review)
  10. For Tracy Hyde - New Young City (review)
  11. BJ The Chicago Kid - 1123 (review)
  12. interview with Kindness 音楽である必要すらないんです (interviews)
  13. BLACK SMOKER × Goethe-Institut Tokyo ──ベルリンの壁崩壊30周年を機に、総合舞台芸術作品『BLACK OPERA』が開催 (news)
  14. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  15. interview with Yosuke Yamashita 誰にでも開かれた過激 (interviews)
  16. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第8回 電車の中で寝転がる人、ボルタンスキーの神話 ――2019年8月11日に見たものの全て (columns)
  17. Philip Bailey - Love Will Find A Way (review)
  18. Flying Lotus ──フライング・ロータスの単独来日公演が決定 (news)
  19. interview with The Comet Is Coming ボリス・ジョンソンの名を言うだけで口が腐る (interviews)
  20. Columns ララージ来日直前企画 ──ニューエイジの巨匠、その歩みを振り返る (columns)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Holly Herndon- Fade (NHK Remix)

Holly Herndon

Holly Herndon

Fade (NHK Remix)

   Jan 25,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジュアナ・バーウィックとフェネスあたりとの溝を埋めるのが、ブルックリンの〈リヴェンジ〉レーベルから昨年末にデビュー・アルバム『ムーヴメント』を発表した、女性プロデューサー、ホリー・ハードンだ。彼女の「声」ネタのアルバムは、いろいろな意味で、──サイバー・フェミニズムの点からも「声」ネタの点からもアンビエント/ドローンの点かも──面白い。グルーパーとローレル・ヘイローとメデリン・マーキーの3人が好きな人にはぜひ聴いてもらいたいアルバムだ。
 さて、ホリー・ハードンの『ムーヴメント』からこの度シングルが切られることになったのだが、そのリミキサーがNHK'Koyxenときた。ふたりはロンドンで知り合ったそうだが、NHKは最近の彼の作風のように、ダンス・ミュージックへと再構築している。ゆがんだルーピングと不規則な反復を活かした展開に惹かれる。
 〈リヴェンジ〉も不思議なレーベルで、昨年のサン・アロウとコンゴスの共作が記憶に新しいが、最近はマルコム・ムーニー(CANのオリジナル・ヴォーカリスト)のソロを出したかと思えば、もうすぐリリースされるであろうマックスミリオン・ダンバー(Maxmillion Dunbar)は、初期のデリック・メイよろしく透き通ったデトロイティッシュ・サウンドだったりする。
 このレーベルの独創性というか、ジュリア・ホルターやジュリアナ・バーウィックを出したかと思えば、ホアン・アトキンスをリミキサーに起用してみたり、ジェフ・ミルズやアンソニー・ムーア(スラップ・ハッピー)なんかまで出したりとか、そのリリースのセンスには非凡さを感じる。