ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 柴田聡子 - がんばれ!メロディー (review)
  2. 中原昌也 ──作家デビュー20周年を記念し最新小説とトリビュート作品集が2冊同時リリース (news)
  3. Reeko Squeeze - Child’s Play 2 (review)
  4. ビール・ストリートの恋人たち - (review)
  5. Columns What’s the point of indie rock? インディー・ロックの核心とは何か (columns)
  6. Vince Staples - FM! / Earl Sweatshirt - Some Rap Songs (review)
  7. 闘魂 2019 - 出演:cero、フィッシュマンズ (review)
  8. ポスト・ミューザック考 第一回 (columns)
  9. Holly Herndon ──ホーリー・ハーンダンが人工知能と共作した新作をリリース (news)
  10. Sharon Van Etten - Remind Me Tomorrow (review)
  11. The Comet Is Coming ──UKジャズのキイパーソン、シャバカ・ハッチングスのザ・コメット・イズ・カミングが新作をリリース (news)
  12. 資本主義リアリズム - マーク・フィッシャー 著 (review)
  13. ポスト・ミューザック考 第二回:俗流アンビエント (columns)
  14. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  15. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第2回 マグカップは割れ、風呂場のタイルは今日も四角い (columns)
  16. talk with Takkyu Ishino × Stephen Morris 特別対談:石野卓球×スティーヴン・モリス(ニュー・オーダー) (interviews)
  17. The Caretaker ──ザ・ケアテイカーが新作、並びに故マーク・フィッシャーへ捧げられたアルバムの再発盤をリリース (news)
  18. Lee "Scratch" Perry ──リー・ペリーがニュー・アルバムをリリース (news)
  19. interview with IO KoolBoyの美学 (interviews)
  20. interview with Masato Matsumura これからの前衛音楽のために (interviews)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Talk Normal- Secret Cog

Talk Normal

Talk Normal

Secret Cog

Just For the Hell of It

Amazon iTunes

野田 努   Jan 29,2010 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近はふたり組のバンドが目に付く。スーサイドを最新ヴァージョンにアップデートしたようなウェット・ヘアーもそうだし、トーク・ノーマルもそうだ(昨年末に観た巨人ゆえにデカイもそうだった)。昨年末に発表したデビュー・アルバム『シュガーランド』はiPodに入れてよく聴いている。彼女たちの音楽は、カンが残した名曲のひとつ"ピンチ"をアップデートしたような、トライバルな反復性と重厚なノイズ、そしてニヒルなヴォーカリゼーションに特徴を持っている。ドラマーのアンドリヤ・エンブロによるトライバルなビートにはボアダムス・フォロワーたちのブルックリンを感じることもできる。で、調べてみたら実際に彼女は77ボア・ドラムに参加していた(もうひとりのメンバー、ギターのサラ・レジスターはマスタリング・エンジニアとしてそれなりのキャリアを持っている)。とにかく僕は、この音楽の"エネルギー"に打ちのめされたのである。街を歩いているとき、電車に乗っているとき、この音楽を体内に注入するとまるでカンフル剤のように機能する。ノイズでありながら、ダンサブルなところも良い。

 『シュガーランド』が好評だったこともあり、2008年にCDRのみで発売されていた5曲入りがヴァイナルで登場した(それとダウンロード、いまのところCDはなし)。A面の3曲――目が覚めるようなノイズではじまる1曲目の"グリニン・イン・ユア・フェイス"における歌とトライバル・ビートの掛け合い、"ユリーカ"におけるも不協和音とマシナリーなビート、ESGを彷彿させる"レモネード"も素晴らしいが、このバンドの可能性を感じるのはB面に収録された2曲だ。"33"でクラウトロックの反復を寒々しく凍らせたような、あるいはホラー映画のサウンドトラックめいた音を展開すると、続く"レスト・ウィズ・ミー"は実な巧妙にミニマリズムとドローンを取り入れて、いわば"IDMスタイルを通過したヴェルヴェッツ"のような音を創出している。

 これはニューヨークのアンダーグラウンドにおける伝統的ノイズ・ロック、その最新版。

野田 努