ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 池田若菜 - Repeat After Me (2018-2021) (review)
  2. a fungus - It Already Does That (review)
  3. Sam Prekop and John McEntire ──サム・プレコップとジョン・マッケンタイアによる共作 (news)
  4. 血を分けた子ども - オクテイヴィア・E・バトラー 著藤井光 訳 (review)
  5. わたしはラップをやることに決めた──フィメールラッパー批評原論 - つやちゃん (review)
  6. Columns 山本アキヲの思い出 (columns)
  7. Félicia Atkinson - Image Langage (review)
  8. 坂本慎太郎 - 物語のように (review)
  9. Wild Style ——ヒップホップ文化の古典中の古典、映画『Wild Style』40周年の特別上映が決定 (news)
  10. ISSUGI ──2年半ぶり9枚目のオリジナル・アルバムがリリース (news)
  11. Big Thief ──ビッグ・シーフの初来日公演が決定 (news)
  12. Yusa Haruna ——遊佐春菜『Another Story Of Dystopia Romance』のリリースを記念した真夏のパーティ開催 (news)
  13. R.I.P.山本アキヲ (news)
  14. edbl × Kazuki Isogai ──UKのプロデューサー、エドブラックと大分のギタリスト、磯貝一樹の共作がリリース (news)
  15. interview with T-GROOVE & GEORGE KANO EXPERIENCE ディスコは世界共通のビート (interviews)
  16. SUPER FREEDOM feat. DJ Marcelle ──アムスから注目のDJマルセルを招いたパーティ (news)
  17. µ-Ziq - Magic Pony Ride (review)
  18. Ginevra Nervi - The Disorder of Appearances (review)
  19. interview with Huerco S. オウテカやベーシック・チャンネルからの影響は大きいね (interviews)
  20. Keita Sano - LOVE HATE LOVE THINK (review)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Lindstrøm- It's Alright Between Us As It Is

Lindstrøm

Cosmic Disco

Lindstrøm

It's Alright Between Us As It Is

Smalltown Supersound / Feedelity

bandcamp Tower HMV Amazon

小川充   Nov 29,2017 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コズミック・ディスコの一大拠点である北欧。その中心はビョーン・トシュケプリンス・トーマス、リンドストローム、トッド・テリエらを輩出したノルウェーである。彼らのサウンドにはディスコ、ダブ、ハウス、テクノ、エレクトロニカ、レフトフィールド、バレアリック、シンセウェイヴ、チルアウトなどいろいろな要素が含まれているのだが、それらと同じくジャズの影響があることも見逃せない。コズミックの概念そのものが様々な音楽の融合・折衷であるので、ジャズやロックの要素が入り込むことも当然なのである。リンドストロームに関して言えば、最初のプロジェクトのスロー・シュープリームはフュージョン的な要素が強く、ブラジリアン・リズムを取り入れたヒット曲“グラナダ”は、当時2000年頃の流れでいくとフューチャー・ジャズの一種と見なされた(リリース元はオスロでジャズ・クラブを運営する〈ジャジッド・コレクティヴ〉だった)。その後、2000年代半ばよりプリンス・トーマスと共にコズミック・ディスコ路線を本格化するが、DJであると同時にドラム、ギター、ベース、キーボードなどを演奏するマルチ・プレイヤーでもあるので、彼の中にはジャズやフュージョンをはじめとしたミュージシャン的な感覚が最初から存在していたと言える(1990年代にはシルヴァー・ヴォイシズというゴスペル・ロック・バンドに在籍していたこともある)。現在の彼が拠点とする〈スモールタウン・スーパーサウンド〉は、ビョーン・トシュケ、プリンス・トーマス、トッド・テリエも属するノーウェジアン・コズミック・ディスコの最大手であるが、同時にヤガ・ヤシストからネナ・チェリー&ザ・シングをリリースするなど、そもそもジャズ~ロック~アヴァンギャルドに強いレーベルなのである。

 2010年代に入ってのリンドストロームは、アルバム『スモールハンズ』(2012年)やEP『ワインディングス』(2016年)のようなエレクトリック・ダンス作品の一方で、ジャズ・ロックや前衛的な要素の強い『シックス・カップス・オブ・レベル』(2012年)を発表したり、トッド・ラングレン、エミル・ニコライセンとコラボしてプログレ大作『ランダンス』(2015年)を作るなど、変幻自在さが増していく。そして『イッツ・オールライト・ビトウィーン・アス・アズ・イット・イズ』は、『スモールハンズ』以来5年ぶりのソロ・アルバムである。ジェニー・ヴァル、フリーダ・サンデモという北欧のふたりの女性シンガー・ソングライターが参加するほか、スキン・タウンというシンセ・ポップ・ユニットのシンガーであるグレース・ホールもフィーチャーされるが、彼女は2015年にリリースされたディープ・ハウスの“ホーム・トゥナイト”でも歌っており、それに続くコラボである。そのグレースが歌う“シャイニン”は、1980年代後半から1990年代初頭の雰囲気が漂う作品で、ヴォーカルの質感などを含めてケヴィン・サンダーソンのインナー・シティあたりを思い起こさせる。アルバム中では比較的ポップな作品で、スペイシーな高揚感に包まれた先行シングル・カット曲“テンション”、SF映画感覚に満ちたエレクトロ・ブギー“スパイアー”と共に、リンドストロームのダンサブルな側面を象徴している。“スパイアー”はジョルジオ・モロダーを彷彿とさせるサウンドで、フリーダ・サンデモが歌う“バット・イズント・イット”もそうしたミュンヘン・ディスコの流れを汲む。バレアリックな“ドリフト”も含め、これら作品はCDでは一連の流れの中で繋がっており、トータルで一種のサントラのような作りとなっている(リンドストローム自身はアルバムについて、「9つの連動したトラックからなる、ひとつの連続した流れ」と述べている)。“バングル(ライク・ア・ゴースト)”にはジェニー・ヴァルがフィーチャーされるのだが、彼女はノイズ~アヴァンギャルド系でも歌う人。そうした風変わりな歌もあって、レフトフィールド・ディスコ的な香りを漂わせる。中間にはアブストラクトなムードのピアノがフィーチャーされ、リンドストロームのジャズ・ミュージシャン的なセンスも露わになっている。これに続く“アンダー・ツリーズ”はアルバムを締め括る曲で、中間のピアノ・ソロは〈ECM〉の北欧ジャズに通じる透明感を持ちつつ、次第に混沌とした音のうねりの中に包み込まれていく。前述の『ランダンス』の流れを汲む実験的な作品で、『イッツ・オールライト・ビトウィーン・アス・アズ・イット・イズ』がダンサブルな側面とは真逆の要素も持っていることを示す。これら終盤の2曲にリンドストロームとジャズの結びつきが表われているわけだが、ダンス・ミュージックやエレクトロニック・ミュージックとジャズや前衛音楽との間を取り持つ彼のスタンスは、故アーサー・ラッセルに重ね合わせることができるかもしれない。

小川充