ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 環ROY - Anyways (review)
  2. Telex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動 (news)
  3. まさかのTR-808をモチーフにした画期的児童書 (news)
  4. interview with Bicep UKダンス・ミュージックの新たな大器、ここに登場 (interviews)
  5. R.I.P. Sylvain Sylvain 追悼 シルヴェイン・シルヴェイン (news)
  6. Outro Tempo II ──ブラジルの埋もれた電子音楽などにフォーカスしたコンピ、続編がCD化 (news)
  7. Jesu - Terminus (review)
  8. コロナ時代だからこそ読みたい刺激的な本 (news)
  9. R.I.P. 南正人 (news)
  10. Jahari Massamba Unit - Pardon My French (review)
  11. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  12. interview with Sleaford Mods アップデートする、21世紀のモッズ (interviews)
  13. New Age Steppers ──ニュー・エイジ・ステッパーズの歴史を凝縮したボックスセットが発売、注目の未発表レア音源集も (news)
  14. SOPHIE × Autechre ──オウテカがソフィーをリミックス、その長い長い物語 (news)
  15. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  16. SAULT - Untitled (Black Is) / SAULT - Untitled (Rise) (review)
  17. R.I.P. MF DOOM 追悼 MFドゥーム (news)
  18. アルバート・アイラー没後50年、その魅力を紐解く1冊 (news)
  19. Stereolab ──再始動中のステレオラブが23年ぶりにシングル集をリリース (news)
  20. Telex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスのベスト盤 (news)

Home >  Reviews >  Live Reviews > HYPERDUB EPISODE 1- featuring KODE9 | KING MIDAS SOU…

HYPERDUB EPISODE 1

HYPERDUB EPISODE 1

featuring KODE9 | KING MIDAS SOUND | DVA | HYPE WILLIAMS(Dean Blunt and Inga Copeland)

@代官山UNIT

2012 Jun 8

野田 努   Jun 11,2012 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
E王

 会場に到着したのは11時半。ハイプ・ウィリアムスは12時からはじまるという。クラブの入口やロビーでは、素晴らしいことに、ビートインクのスタッフが自主的に風営法改訂の署名活動をしている(自筆でないと効力がないことをまだ知らない人も多いので、郵送が面倒なら、こういう場で署名するのが良いですよ)。入口でくばっていた先着数百名枚のプレゼントCDも合っという間になくなったほど客足は早い! 僕の予想では、やはり、ファンはハイプ・ウィリアムスがどんなものなのか見たかったのだろう。

 12時になってライヴ・ステージの扉が開くと、ほんの10分ほどでフロアは埋まった。すでに妖しいテクノ・ループがこだましている。ステージには異常なほどスモークがたかれ、前後不覚でメンバーの姿は見えない。白い煙のなかを強烈なライトが四方から点滅する。ループは重なり、途中で声がミックスされる。男女の声だから連中がマイクを握っているのだろうか......。いつの間にかライヴがはじまっていた(会場には三毛猫ホームレスのモチロン君もいましたね)。
 ハンパじゃない量のスモークと網膜を容赦なく攻撃するライトのなか、ただ呆然と立ち尽くしているオーディエンスに向けて、脳を揺さぶるようなループ、そしてナレーション、そして歌、そして身体を震わせる超低音、後半からけたたましくなりはじめるドラミング。
 かれこれ何十年もライヴを見てきているけれど、今回のハイプ・ウィリアムスほどすさまじい「トリップ・サウンド」を経験したことは記憶にない。強いて近いニュアンスのライヴを言うならヘア・スタイリスティックスだろうか......、が、しかし、ハイプ・ウィリアムスは異次元からぶっ飛んできたように、あまりにもドラッギーで、言葉が出ないほど陶酔的なのである。ラジカルなまでにドリーミーなのだ。サイケデリックなのだ。誰もその場から離れなかった、離れられなかった......。
 しかし......もし、ライヴ開始から40分後ぐらいに、まったくなーんにも知らずに、このトリップ・ミュージックが響くど真んなかに入ってきてしまったら、そうとうショックを受けるだろう。ここはどこ? 何が起きたの? みんなおかしくなってしまったの? ......そう、みんなおかしくなってしまった。
 この壮絶なライヴで僕は充分だった。この続きは竹内正太郎のレポートに譲ろう。

野田 努