ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Cowboy Sadness - Selected Jambient Works Vol. 1 | カウボーイ・サッドネス
  2. R.I.P. Damo Suzuki 追悼:ダモ鈴木
  3. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  4. ソルトバーン -
  5. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  6. Creation Rebel ──クリエイション・レベルの歴史を詰め込んだCDボックスセットが登場
  7. レア盤落札・情報
  8. Columns ♯3:ピッチフォーク買収騒ぎについて
  9. Tapir! - The Pilgrim, Their God and The King Of My Decrepit Mountain | テイパー!
  10. BAD HOP - BAD HOP 1 DAY
  11. Columns 『男が男を解放するために』刊行記念対談
  12. Columns 誰がために音楽は鳴る
  13. Columns レイヴ・カルチャーの思い出
  14. マルクス解体──プロメテウスの夢とその先 - 斎藤幸平(著)斎藤幸平+竹田真登+持田大志+高橋侑生(訳)
  15. CAN ──だれもが待ちわびていただろう黄金時代、ダモ鈴木在籍時のライヴ盤がついに登場
  16. Jerskin Fendrix - Poor Things (Original Motion Picture Soundtrack) | ジャースキン・フェンドリックス
  17. Don Letts ──パンキー・レゲエ・パーティDJの創始者、ドン・レッツが来日
  18. Moritz von Oswald ——ベルリン・ミニマルの巨匠、モーリッツ・フォン・オズワルドが来日
  19. Piper Spray & Lena Tsibizova - Debtor of Presence
  20. Columns 早世のピアニスト、オースティン・ペラルタ生前最後のアルバムが蘇る ──ここから〈ブレインフィーダー〉のジャズ路線ははじまった | Austin Peralta

Home >  Reviews >  Album Reviews > Seven Davis Jr- Universes

Seven Davis Jr

HouseSoul

Seven Davis Jr

Universes

Ninja Tune / ビート

Tower HMV Amazon iTunes

小川充   Jul 29,2015 UP

 70年代には日本のウィスキーのCM出演でもお馴染みだった黒人エンターテイナーの草分け、サミー・デイヴィス・ジュニアの名前を捩ったセヴン・デイヴィス・ジュニア(本名はサミュエル・デイヴィス)。ここ1、2年でのさまざまなシングルやEPリリースを通じ、アンダーグラウンドなハウス系クリエイターというイメージが定着したが、そもそもはシンガーとしてキャリアをスタートし、メジャー・デビュー寸前までいった。テキサス州ヒューストン出身で、その後サンフランシスコへ移り住んだ彼は、サミー・デイヴィスJrも属した一家の親分であるフランク・シナトラから、ナット・キング・コール、バート・バカラック、プリンス、ステーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソン、アレサ・フランクリンといったアーティストの影響を受け、ソウル、ゴスペル、ジャズなどに親しんできた。その後、ハウスやジャングル、ジュークやベース・ミュージックなどクラブ・サウンドに触れてトラック制作も始め、現在はロサンゼルスを拠点にシンガー/プロデューサー/ソングライターとして活動する。

 彼がクラブに通いはじめた頃のサンフランシスコのハウス・シーンでは、マーク・ファリナがヒップホップ、ジャズ、ダウンテンポ、トリップ・ホップなどもいっしょにプレイし、クロスオーヴァーなスタイルが脚光を集めていた。そうした自由な音楽性に感化され、彼もジミ・ヘンドリックス、ビートルズ、アース・ウィンド&ファイアー、ヒートウェイヴ、ポーティスヘッド、トリッキー、ビヨーク、Jディラ、フュージーズとさまざまなサウンドを聴き、自身の作曲やプロダクションに反映させていった。そして発表した本ファースト・アルバム、たとえば“サンデイ・モーニング(Sunday Morning)”や“ノー・ウォーリーズ(No Worries)”ではムーディーマン、“ウェルカム(Welcome Back)”ではセオ・パリッシュ、“フリーダム(Freedom)”ではフローティング・ポインツとの類似性も見出せる。しかし、ジャイルス・ピーターソンの“ワールドワイド(Worldwide)”出演時のインタヴューによると、本人にはあまりそうした意識はないようで、むしろ前述のシナトラやプリンスからの影響が強いとのこと。本作おいてはそのプリンスはじめ、リック・ジェイムズ、Pファンク、アフリカ・バンバータ、アーサー・ベイカーなどを彼なりに咀嚼・昇華しており、フリオ・バシュモアをフィーチャーした“グッド・ヴァイブス(Good Vibes)”、フラーコをフィーチャーした“ビー・ア・マン(Be A Man)”、“エヴリバディ・トゥー・クール(Everybody Too Cool)”などがその表れだ。また“ファイターズ(Fighters)”には彼の中にあるゴスペル・フィーリングが露わになっており、アンプ・フィドラーやジェシー・ボイキンス3世などのシンガー・ソングライターに通じるところも見出せる。先鋭的なトラックも作り出す一方で、自身の音楽の基盤にある歌も忘れてはいないのがセヴン・デイヴィス・ジュニアなのだ。

小川充