ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns 攻めの姿勢を見せるスクエアプッシャー ──4年ぶりの新作『Dostrotime』を聴いて | Squarepusher
  2. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  3. Lost Souls Of Saturn - Reality | ロスト・ソウルズ・オブ・サターン
  4. マヒトゥ・ザ・ピーポー初監督作『i ai』が3/8より公開
  5. interview with Kode9 〈ハイパーダブ〉20周年 | 主宰者コード9が語る、レーベルのこれまでとこれから
  6. Jeff Mills × Jun Togawa ──ジェフ・ミルズと戸川純によるコラボ曲がリリース
  7. Squarepusher ──スクエアプッシャー4年ぶりの新作はストリーミングでは聴くことができない
  8. Columns 2月のジャズ Jazz in February 2024
  9. Kali Malone - All Life Long
  10. Jeff Mills ——ジェフ・ミルズと戸川純が共演、コズミック・オペラ『THE TRIP』公演決定
  11. Helado Negro - PHASOR | エラード・ネグロ
  12. 〈Stones Throw〉×〈カクバリズム〉×〈BAYON PRODUCTION〉×〈medium〉 ──強力なパートナーシップによる、細野晴臣『HOSONO HOUSE』のカヴァー・アルバム
  13. Cowboy Sadness - Selected Jambient Works Vol. 1 | カウボーイ・サッドネス
  14. Columns ♯3:ピッチフォーク買収騒ぎについて
  15. Columns Squarepusher 9 Essential Albums スクエアプッシャーはこれを聴け!
  16. 川口好美 - 『不幸と共存 魂的文芸批評 対抗言論叢書4』
  17. interview with Tei Tei & Arow 松島、パーティしようぜ
  18. Piper Spray & Lena Tsibizova - Debtor of Presence
  19. ソルトバーン -
  20. みんなのきもち ――アンビエントに特化したデイタイム・レイヴ〈Sommer Edition Vol.3〉が年始に開催

Home >  Reviews >  Album Reviews > JAWS- Keys To The Universe

JAWS

Body musicExperimentalIndustrialPoetry reading

JAWS

Keys To The Universe

Hundebiss

Tower HMV Amazon

倉本諒   Nov 26,2014 UP

 ロバートってのがいてなんだか危ないらしい。というような、ものすごいざっくりとした感じではあるが、昨年末から今年にかけた出会ったナイスな人たち、たとえばブルース・コントロールのふたりやドラキュラ・ルイス(Dracula Lewis)のシモーネ・トラブッチがそう漏らしていて、どう危ないのよ、と訊ねたところブルース・コントロールのギタリストであるラスがこれをみせてくれた。

 なるほど。こりゃ危ない。

 これは、「エクスペリメンタル・ハーフ・アワー(Experimental ½ Hour)」という、音楽家に限らないあらゆるパフォーマンス・アートをブロードキャストで配信する移動スタジオ式TVプログラムである。2010年にポートランドからはじまり、現在はLAにその拠点を置く本プログラムには、過去にも素晴らしいキャストが出演しているので時間がある人にはぜひチェックしていただきたい。
 話を戻すと、これは噂のジョーズ(JAWS)ことロバート・ジラルディンとドラキュラ・ルイスのシモーネのセッションであり、このふたりの親交は深く、過去にジャームスのクソカヴァー・ユニット、セックス・ボーイズ(Sex Boyz)としてベルギーのアート・スカム・レーベル、〈ウルトラ・エクゼマ〉から出していた7インチの印象を裏切らない見事な妙技をみせつけてくれている。

 くだんのシモーネが主宰する〈ハンデビス・レコーズ〉より2011年の『ストレス・テスト(Stress Test)』以来のアルバムである『キーズ・トゥ・ザ・ユニヴァース(Keys To The Universe)』がリリースされた。仲よすぎですが彼らはゲイではありません。ロバートは神出鬼没の人物のようであり、LAを拠点に活動しているとのことだが、僕は彼をLAで見かけたことはなく、シモーネとミラノにいたり、NYでエクセプター(Excepter)の連中に混ざっていたりとフラフラしながらも精力的なパフォーマンス/音楽活動をおこなっているようだ。
 過去の〈ハンデビス〉のリリース同様、ジョーズもパフォーマンスを重要とするアーティストではあるので、ライヴ未見の僕が早急に判断できる代物ではないのかもしれないが、上記の動画や彼が制作した過去の怪しい自画撮りPVでその狂気と油ギッシュな世界観を垣間みることができる。しかし、モトクロス系のクラッシュをコンパイルしたアルバムからのトラックのヴィデオは単純に美しく、カタルシスに満ちている。

 スターゲイト、プリミティヴ・アート、スカル・カタログことソーン・レザーとともにハンデビス・ギャングを構成するにふさわしい超マイウェイな感覚を捉えた世界観とコンセプチュアルな表現様式の可能性は完全に未知数! 危ないですな。

倉本諒