ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Black Midi 自分自身を解体するアート (interviews)
  2. Caterina Barbieri - Ecstatic Computation (review)
  3. Rest In Peace Philippe Zdar ──フレンチ・タッチの重要人物、フィリップ・ズダールが死亡 (news)
  4. !!! (Chk Chk Chk) ──チック・チック・チックがニュー・アルバムをリリース (news)
  5. Helm - Chemical Flowers (review)
  6. WXAXRXP ──今年で30周年を迎える〈Warp〉がオンライン音楽フェスを開催、NTS Radio にて100時間以上にわたる特別番組を放送 (news)
  7. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  8. Floating Points ──フローティング・ポインツ、待望の新曲をレヴューします (news)
  9. Tyler, The Creator - IGOR (review)
  10. The Caretaker - Everywhere At The End Of Time - Stage 6 (review)
  11. 16FLIP × Georgia Anne Muldrow ──ISSUGI が 16FLIP 名義でシングルをリリース、ジョージア・アン・マルドロウが客演 (news)
  12. Seven Davis Jr - S.O.S (review)
  13. Mikako Brady ──ブレイディみかこの新刊は、よりラディカルに新境地を切り拓く (news)
  14. Moodymann ──ムーディマンの新作がデジタルでリリース (news)
  15. ギーク母さんの21世紀女児カルチャー観察記 ピンクに塗れ!~現代女児のキラデコ事情~ 第4回:馬に恋する女の子たち (columns)
  16. Columns なぜスコット・ウォーカーはリスペクトされているのか (columns)
  17. interview with DJ Marfox 声なき人びと、見向きもされない人びと、その顔が俺だ (interviews)
  18. Flatlines ──〈ハイパーダブ〉がサブレーベルを始動、なんとマーク・フィッシャーをリリース (news)
  19. NOT WONK - Down the Valley (review)
  20. Lee "Scratch" Perry - Rainford (review)

Home >  Regulars >  Random Access N.Y. > vol. 105:アートブック・フェアでNYの秋ははじまる- NY art book fair 2018

Random Access N.Y.

Random Access N.Y.

vol. 105:アートブック・フェアでNYの秋ははじまる

NY art book fair 2018

沢井陽子 Sep 25,2018 UP

 9月になり、すでに肌寒くなったNYの週末。ロング・アイランド・シティのMoMA PS1で、アートブック・フェア(http://nyartbookfair.com/)が行われた。

 チェルシーの本屋プリンテット・マターがキュレートするこのフェアは、今年で13回めを迎える。さまざまな流通によるアート出版を祝うもので、独立系アート出版社のもの、学校、本屋、アートギャラリー、スクリーンプリント系などずらり大量の展示があった。アート本、写真集、ポスターからジン、Tシャツ、トートバッグ、ピンバッチ、工作類などのギフト系まで場内は様々なグッズで溢れかえっていた。

 サイン会、本関係者のパネル・ディスカッション(漫画は本なのか、コミュニティを実行するための風がわりな出版、散らばったコミュニティを運営する方法など)、対話式ワークショップなどの催し物もある。部屋から部屋へ移動するたびに違うテーマが現れ、圧倒され、酸欠になりかけるほどの中身の濃さ。ひと息入れようとコートヤードに出ると、ビールやワインが飛ぶように売れている。DJやパフォーマンスマンスもあるので、そこでしばらくまったりするのが正解。今年は、Miho Hatori, Lee Bertucci, Jaimie Branch, Lori Scacco, Greg Foxなどがプレイした。

 この2018年アートブック・フェアは盛況だった。目当てのブースで、アーティストと話しながら本を購入するのはフェアの醍醐味である。フェア中でなくとも、PS1の入り口にはブックショップも構えるので、いつ行ってもキュレートされた書物たちに出会えるんだけど。

 ブックフェアは秋のはじまりの祝いと言ったところだろう。普段は、ネットでことを済ませる若者たちも、この日ばかりはひとつひとつブースを見て回り、本に触れ、アーティストの顔を見ながら話している。最近は会わない知り合いにも会えるのもフェアの良さ。このフェアが、世界中を回っているのは納得。本は世界を繋ぐし、これからも変わらない。


Random Access N.Y. - Back Number

Profile

沢井陽子沢井陽子/Yoko Sawai
ニューヨーク在住16年の音楽ライター/ コーディネーター。レコード・レーベル〈Contact Records〉経営他、音楽イヴェント等を企画。ブルックリン・ベースのロック・バンド、Hard Nips (hardnipsbrooklyn.com) でも活躍。

COLUMNS