ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. High Llamas - Hey Panda | ハイラマズ
  2. The Stalin - Fish Inn - 40th Anniversary Edition - | ザ・スターリン
  3. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  4. John Carroll Kirby ──ジョン・キャロル・カービー、バンド・セットでの単独来日公演が決定
  5. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  6. VINYL GOES AROUND ──「静かな夜」がテーマのコンピレーション、アンビエントやジャズからメロウで美しい曲を厳選
  7. JULY TREEにて、オーガスタス・パブロ関連の写真やゆかりの品々などを展示、およびグッズ販売
  8. R.I.P. 遠藤ミチロウ
  9. Kinnara : Desi La ——ele-kingでお馴染みのデジ・ラ、1日だけのポップアップ
  10. KRM & KMRU - Disconnect | ケヴィン・リチャード・マーティン、ジョセフ・カマル
  11. Columns ♯5:いまブルース・スプリングスティーンを聴く
  12. Cornelius - Ethereal Essence
  13. Columns ♯7:雨降りだから(プリンスと)Pファンクでも勉強しよう
  14. LIQUIDROOM 30周年 ──新宿時代の歴史を紐解くアーカイヴ展が開催
  15. Columns スティーヴ・アルビニが密かに私の世界を変えた理由
  16. 『情熱が人の心を動かす』
  17. THE STALIN ──ザ・スターリンのもっとも過激なときを捉えた作品が完全復刻
  18. Columns 6月のジャズ Jazz in June 2024
  19. interview with bar italia 謎めいたインディ・バンド、ついにヴェールを脱ぐ | バー・イタリア、来日特別インタヴュー
  20. Adrian Sherwood presents Dub Sessions 2024 いつまでも見れると思うな、御大ホレス・アンディと偉大なるクリエイション・レベル、エイドリアン・シャーウッドが集結するダブの最強ナイト

Home >  Reviews >  Album Reviews > Real Estate- Real Estate

Real Estate

Real Estate

Real Estate

Woodsist

Amazon iTunes

野田 努 Feb 08,2010 UP

 ザ・ドラムスほどあからさまではないにせ、ニュージャージーを拠点とするのこのバンドのデビュー・アルバムにも流行のヴィンテージ・サウンドが加味されている。良くできたアルバムで、そつがないと言えばそつがない。品が良く、控えめだが確実に聴き惚れてしまうローファイ・サウンドだ。ギター・サウンドが好きな方はぜひ試聴して欲しい。キラキラとしたエレクトリック・ギターの音色の美しさが、このバンドの最大の魅力である。

 "アトランティック・シティ"や"サバーバン・ビベレイジ"などはテレヴィジョンからトゲを抜いてやわらかく口当たりをよくしたようでもある。ヨ・ラ・テンゴっぽくもあるが、日焼けしたレトロスタイルが適度なエコー・エフェクトとともに響く。"プール・スイマーズ"はまるで水中で聴くオールディーズのようだ。"ブラック・レイク"のような面白味のある3拍子の曲でさえも、懐かしさと地味なエフェクトがある。どの曲も古くて、キュートで、スウィートで、ほんのわずかだけダビーだったりする。微妙なディレイがバンドの音に色を与えているのだ。"フェイク・ブルース"にはコーネリアス風のミニマリズムがあって、リアル・エステイトがただのオールディーズではないことを証す。6分にもおよぶ"サバーバン・ビベレイジ"は水浸しのミニマル・ポップで、最初の数分はファウストの名作『ソー・ファー』を想起させる。"レッツ・ロック・ザ・ビーチ"は夏が恋しくなる曲だが、夏まで僕がこのアルバムを聴いているかはわからない。

 ある意味では曖昧で、とらえどころがないが、間違っても悪いアルバムではない。ケレンミもなく、素直だが、ディテールは凝っている。眠くなるアルバムだが、その眠りは心地よい。......しかし、〈ウッドシスト〉レーベルって、USでは評価高いよな~。

野田 努