ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Cowboy Sadness - Selected Jambient Works Vol. 1 | カウボーイ・サッドネス
  2. R.I.P. Damo Suzuki 追悼:ダモ鈴木
  3. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  4. ソルトバーン -
  5. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  6. Creation Rebel ──クリエイション・レベルの歴史を詰め込んだCDボックスセットが登場
  7. レア盤落札・情報
  8. Columns ♯3:ピッチフォーク買収騒ぎについて
  9. Tapir! - The Pilgrim, Their God and The King Of My Decrepit Mountain | テイパー!
  10. BAD HOP - BAD HOP 1 DAY
  11. Columns 『男が男を解放するために』刊行記念対談
  12. Columns 誰がために音楽は鳴る
  13. Columns レイヴ・カルチャーの思い出
  14. マルクス解体──プロメテウスの夢とその先 - 斎藤幸平(著)斎藤幸平+竹田真登+持田大志+高橋侑生(訳)
  15. CAN ──だれもが待ちわびていただろう黄金時代、ダモ鈴木在籍時のライヴ盤がついに登場
  16. Jerskin Fendrix - Poor Things (Original Motion Picture Soundtrack) | ジャースキン・フェンドリックス
  17. Don Letts ──パンキー・レゲエ・パーティDJの創始者、ドン・レッツが来日
  18. Moritz von Oswald ——ベルリン・ミニマルの巨匠、モーリッツ・フォン・オズワルドが来日
  19. Piper Spray & Lena Tsibizova - Debtor of Presence
  20. Columns 早世のピアニスト、オースティン・ペラルタ生前最後のアルバムが蘇る ──ここから〈ブレインフィーダー〉のジャズ路線ははじまった | Austin Peralta

Home >  Regulars >  Random Access N.Y. > vol.98:インターネット、ソーシャル・メディアで生活をめちゃくちゃにされた人びとに捧げる- Interference AV festival
with Jlin, Lightning bolt, Sun Ra Arkestra @AMC empire multiplex

Random Access N.Y.

Random Access N.Y.

vol.98:インターネット、ソーシャル・メディアで生活をめちゃくちゃにされた人びとに捧げる

Interference AV festival
with Jlin, Lightning bolt, Sun Ra Arkestra @AMC empire multiplex

インターファレンス AV フェスティバル with ジェイリン、ライトニング・ボルト、サン・ラ・アーケストラ @AMC エンパイア・マルチプレックス

Feb 23,2018 UP

 ブルックリンに住んでいると、タイムス・スクエアに行くことは滅多にない。夜でも昼のような電光の明るさ、多くの迷える観光客の多さ──ニューヨークの代表観光地だが文化の匂いはない。しかし、今回はミッキーマウスやクッキーモンスターの着ぐるみたちの写真攻撃を避けながら(チップを請求される)、タイムズ・スクエアにある映画館、AMCエンパイア・マルチプレックスにやって来た。3日間のイベント「インターファレンスAVフェス」、実験的ヴィデオアート、ライヴ・ミュージック……。しかも、ジェイリン、ライトニング・ボルト、サン・ラ・アーケストラが出演すると来たら、行かないほうが不思議である。
https://www.facebook.com/events/912546688904186/

 主催は、1972年からNYで現代アートをサポートするための実験的アート・プラットフォームを作って来た先駆者、クロック・タワーと公共のアート機関のタイムズ・スクエア・アーツ。こんな場所にこんな機関があったとは初耳だが、新世代のスタッフが繋げたのだろう。
 ヴィデオ集団のアンダーボルト&CO、ピーター・バー、サブリナ・ラッテがVJを担当、ロビーではザ・メディア、サフラゲット・シティ、ムーディ・ローズ・クリストファー、エトセトラ、ウィアード・ベイベズ・ジンなどが出展するジン・フェアも開催。ピザやプレッツェルを食べながらのゆるーくDJもいる。

 そして1日目のジェイリン。ステージに上がった瞬間から、もう彼女の世界。個人的に今回いちばんの衝撃。紙エレキングの年間ベストの3位に選ばれていただけあって、フットワークの鬼才と言われる彼女の音楽は、音を畳んだり曲げたり、ダークな音の粒が会場を弾け回る電子音楽。音とぴったりシンクロするヴィデオ・プロジェクションも素晴らしい。ロープが人間に、幾何学模様に、映像だけでも見る価値ありのAVフェスなので、音楽とコラボレートすると効果はさらに倍増。席のある映画館でありながら、人びとの体は揺れまくった。最後の曲は「インターネット、コンピュータ、ソーシャル・メディアで生活をめちゃくちゃにされた人びとに捧げる」。さすが。
http://www.brooklynvegan.com/jlin-sadaf-played-the-interference-a-v-festival-at-amc-empire-25-pics/

 2日目のライトニング・ボルトは人数制限で入れず、何度も見ているので写真参照。変わった会場でプレイするのが得意な彼らでさえ、タイムズ・スクエアの映画館でプレイするとは想像つかなかったであろう。
http://www.brooklynvegan.com/lightning-bolt-played-the-interference-a-v-festival-at-amc-empire-25-pics/#photogallery-1=2

 3日目はサン・ラ・アーケストラ。スウェーデンのゴートを思い出させる、きらきらの民族衣装に身を包んだ音楽集団総勢16人は、サックス、トロンボーン、チューバ、フルート、チェロ、コントラバス、ドラム、打楽器他で、ポリリズミックなジャズ・アンサンブルを奏で、そこに楽器の役割に近い、女性ヴォーカルが入る。御歳93(!)のマーシャル・アレンはアーケストラ唯一のオリジナル・メンバーで、サン・ラの音楽的指針を引き継ぎ、新アーケストラ音楽を展開させている。彼の指揮は、演奏者を、次! 次! ハイ次! と指差し、かなり強引でファンキー。音楽が膨らんだり萎んだり、自分のサックス・ソロも忘れない所がお茶目だが、サイケデリックな映像と合体すると、色の刺激が強すぎて、トリッピンな気分になる。客席をそぞろ歩きしたり、ステージでブレイク・ダンスをしたり、自由な精神の集団は、今回もっとも華やかで、会場からは拍手が鳴りやまなかった。
http://www.brooklynvegan.com/sun-ra-arkestra-played-the-interference-a-v-festival-at-amc-empire-25-pics/

 このイベントは全米からのアートへの寄付や、NYの公的資金、NY州立法機関などで提供されているが、NY市のアートへの支援愛が伝わってくる。文化イベントはだいたいダウン・タウンかブルックリンで行われるものだが、観光地のど真ん中で開催されるのはアンダーグラウンド文化が大衆と交差することを表しているのではとポジティブになる。NYは夜の市長も誕生する予定で、2018年はNYのアンダーグラウンド文化がどのように成長するのかが興味深い。

Yoko Sawai
2/22/2018

Random Access N.Y. - Back Number

Profile

沢井陽子沢井陽子/Yoko Sawai
ニューヨーク在住20年の音楽ライター/ コーディネーター。レコード・レーベル〈Contact Records〉経営他、音楽イヴェント等を企画。ブルックリン・ベースのロック・バンド、Hard Nips (hardnipsbrooklyn.com) でも活躍。

COLUMNS